暁の水平線-あか空

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【聖地巡礼】《氷菓》4月3日は生き雛祭りへ行こう!

アニメ 映画 聖地巡礼

お題「ひな祭り」

 

f:id:Hachan:20170303111849j:plain

  3月3日、ひな祭りの日です。

 写真の鬼は、高山市で毎年開かれている生き雛祭りの参列者です。

 

世界から観光客が集まる高山市。伝統文化とアニメ

 昨年は「君に名は。」が国内外で大ヒットしました。現在も新たな観光客を呼び寄せている高山市ですが、その前に高山市を舞台に注目を集めたアニメは米澤穂信先生が書いた「氷菓」です。

 僕も去年の9月に「君の名は。」を見ました。作中では、「言の葉の庭」の雪野百香里が宮水三葉の通う高校に勤務していました。言の葉の庭を見たことがある自分にとって、高山市で楽しそうに授業をしている光景で見れてホッとしました。言の葉の庭では、職場のストレスで一時味覚障害のような状態でしたから。

 彼女、雪野百香里先生が作中でキーワードになる「かたわれどき」という言葉を授業中に教えるシーンがありました。これが後々大事なヒントになるわけですが、「君の名は。」のこと書いていると、また映画を見たくなりますね。そんな僕は、映画を見た次の日に組み紐を手作りしていました。

 高山市と言えば歴史のある桜「臥龍桜」があったり、アニメの聖地巡礼にもなっている岐阜県の中でも人気の観光スポットです。

 臥龍桜について書いた以前の記事

akasora.hatenablog.jp

 

 高山市内の喫茶店「かつて」と生き雛祭りについて書いた記事

akasora.hatenablog.jp

 なぜか喫茶店「かつて」の記事中に生き雛祭りについても書いていました。前振りとして生き雛祭りを紹介した為、改めて同じことを今回書くつもりはありません。その代わりに、祭りで撮った写真を公開しようと思います。個人が特定されないように一部画像修正はしています。

 2016年の生き雛祭りの様子

 祭り会場になる「飛騨一宮水無神社

f:id:Hachan:20170303123809j:plain

 2016年4月3日は日曜日ということで全国から祭りの見物客が来ていたようです。この祭り「生き雛祭り」は曜日は関係なく4月3日に行われます。旧暦のひな祭りの日に行うと決まっているようです。これからもっと人が集まっていきます。

神社周辺を周る様子

f:id:Hachan:20170303124630j:plain

  ひな人形を人間が代わりにする祭りで、お内裏様とお雛様だけでなく様々な衣装を着た人が歩きます。この人たちの歩みに合わせて見物人もぞろぞろ歩き出します。

f:id:Hachan:20170303125056j:plain

 馬も歩いていました。馬って雛壇にいた記憶がないです。我が家のひな人形にひな壇には、牛はいた気がします。牛車を引く牛の代わりの馬なのかな?牛が暴れたら危険と判断した対策として。

公式サイトにも昨年の写真が載っています。

hidamiya.com

 

さいごに

 昨年、生き雛祭りに参加できて楽しい休日を過ごした思い出です。

 今年の生き雛祭りは、月曜日です。働いている人は有休を取らないと行けないので、なかなか行きたくても行けない人が多いのではないでしょうか。僕も今年は行くことができないので、土日に生き雛祭りが開催される年は何年後になるのか。調べると、2021年が土曜日開催になるようです。4年後です。待てない人は、有休なり仮病なり使って行くしかない。