暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

夏休みの自由研究で昆虫の標本ってあったけど、なんで怒られないの?

どうも、須田ジーノです。

外来種の蟻ヒアリが国内で発見されて日本は毎日のようにテレビやニュース、SNSでも話題になっています。

 

ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ火蟻[1])とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている[2]。英語名は“Red imported fire ant”、単に“fire ant”と言う場合、トフシアリ属英語版のアリ全般を指すこともある。

主にアルカロイド系の毒[2][3]と強力な針を持つが[4]、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある[4]。命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある[4][5]。そのため殺人アリと呼ばれることもある[5]

なお、ヒアリ天敵熱帯地域に広く生息するノミバエ英語版というハエである[6]アメリカ合衆国農務省農業研究局は、ヒアリ対策にノミバエを活用している[7]

引用元:ヒアリ - Wikipedia

 

続いて東京環境局からの情報。 

gairaisyu.tokyo

 

ここのページを見ると、既にヒアリ以外のアリやクモも東京で発見例があるようです。住み着いてしまっているかは不明ですが、生きた状態で発見された事例を知ると元々以前から問題だったんだなって思います。

 

ただ今回のテーマはヒアリが中心ではないです。

 

Twitterのタイムラインにこんなツイートが僕のもとへやって来たからです。

虫が集まっている場所へ殺虫剤かなにかを使い虫をまとめて殺処分されていたという内容でした。

 

ヒアリが群がっていると思い殺虫剤を撒いたのかもしれない。けど、元々日本にいる昆虫もまとめて殺してしまっていたようです。万が一ヒアリがそこにいたかもしれないし、この行為が全面的に間違っているとは思えません。しかし、なんで人って虫を殺すのは非難されにくいの?

 

ここからは記事タイトルの内容へ入ります。

f:id:Hachan:20170714015334j:plain

虫の命を人が奪う時って基本、損得勘定が働きます。

益虫と害虫という言葉で言い表されるように、人の営みにおける手助けをするような生態の虫は益虫。

 

例えば、

  • ミツバチ(はちみつ)
  • テントウムシ(アブラムシを食べてくれる→植物を守ってくれる役割)
  • アシダカグモ(ゴキブリを食べてくれる)

反対に、人の生命を脅かす存在、農作物を荒らすなどの人間にとって損失を出す恐れのある虫は害虫。

 

例えば、

  • スズメバチ(人が死ぬ)
  • ゴキブリ(不衛生、見た目からの嫌悪感など)
  • 蝶(農産物、観賞用の草木を荒らす。主に幼虫)

冒頭の話のヒアリは正に害虫ですね。

死人が出る場合もあるから。

 

だったら、小中学生とかの夏休みの自由研究で提出する生徒がいる昆虫標本は?

彼らは昆虫を集めて一つの作品として完成させるために虫を捕まえて命を奪う行為をします。

 

被害が出たとかではなくて、殺処分するのは標本の額縁いっぱいに虫を並べるため。

虫を殺すのは標本を作るためですね。

言い方変えたら、

「僕は夏休みの間にこれだけの虫をいたぶっていました」っていう自己申告のようなものじゃないですか。ご丁寧に夏休みが終わり学校へ提出するまでキレイに保存・管理し、見栄えがいいようにピンで体の形を整えて。

 

これ、鳥や魚、あるいは爬虫類や両生類、ましてや哺乳類の標本(はく製?)を作りましたなんて話は珍しいと個人的には思います。

単に昆虫が一番標本にするにはお手軽な生き物って理由もあるかもしれない。

単に命を奪うのに虫以外は抵抗があるのかもしれない。

 

答えは分かりませんが日頃、虫でも場合によっては無暗な殺生は大人によって咎められる。例を出すならカブトムシとかトンボやセミみたいな、そこそこ有名で人気のある虫。

 

それなのに、課題として昆虫の標本を頑張って作ってきましたは許されるんです。

不思議ですよね。それなら大事に飼っていたペット(犬猫、鳥などの虫以外の生き物)

が死んでしまったので骨格標本にしました、も許されるのか。

 

多分、ダメな気がします。

ペットが可哀そうとか、なんて酷いことをしたんだ!とか、キモイとか。

 

虫の命って人から一番軽んじられていても許されるような空気が昔からあるな~って最近思うようになりました。

 

これを書いていて祖父の家で思い出すことが一つありました。

祖父の家には僕が生まれる前から買っていた鳥が死んだとき、はく製にして部屋に飾っていた時期がありました。

僕が小学生だった途中で確か処分してしまったんですが、10数年前に死んだ鳥が部屋の壁に飾ってあるのが当時の僕は嫌いでした。素直に言ってキモかった。長い尾羽もホコリが付いてて若干ボロッとしていて、いつ部屋に入っても空気が淀んでいたように感じていた。

 

僕個人の感覚からすると、生活する空間に死んでいる生き物って食材以外は居て欲しくない。はく製にしろ標本にしろ気持ち悪いとしか思えない。

 

色々書いてみたんですが結局、その場における価値観に沿っていれば虫などの命を奪う行為は認められてしまうと結論付けることにします。

小学生の時に自慢げにみんなの前で自作の昆虫標本を発表していた僕の友人T君はあれから標本をどうしたのか気になります。やっぱり燃えるゴミか庭にでも埋めて処分してしまったのかもしれない。

 

ではっ!

【漫画】異世界居酒屋「のぶ」(1)の感想

どうも、須田ジーノです。

 

今夏、「異世界食堂」っていうアニメが放送されていますね。

 

それとはまた別作品の、

”異世界居酒屋「のぶ」”という漫画を今回は取り上げてみようと思います。

異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)

 

 原作は小説投稿サイト「小説家になろうで始まった小説で、それが漫画化されたものです。

 

*原作小説は小説家になろうに登録しなくても無料で読めてしまいます。

無料アプリ「ノベルバ」でも読めることが確認できています。

こっちもユーザー登録不要で読めるようです。

 

 

が、これは漫画で読んだほうが分かりやすいし面白い。

原作小説はまだ4話程度しか記事を書いている今は読んでいないので僕が間違っているかもしれない。しかし、料理がウリの一つの作品なら視覚的な情報が多い漫画のほうが一般受けすると思うので今回は漫画で紹介します。

 

 

買った動機

僕の場合、近所の書店が中古で1巻から3巻まで売っているのを偶然見つけたので試しに買ってみただけです。

 

付け加えるなら、今期見ている異世界食堂との違いを楽しむのも面白うそうだなっていう考えからです。

異世界食堂って?

この記事では簡単にしか紹介しないでおきます。

また別記事で作品紹介をする予定なので。

 

共通点としては、どちらも日本人の経営する飲食店が異世界で繋がり、主人公のおっさんが料理人として異世界からの来店者に料理を振る舞っていきます。

 

この記事で取り上げる異世界居酒屋「のぶ」は和風料理がメインの店、異世界食堂は外国から日本に伝わった料理をひとまとめにして洋食というジャンルで提供している店です。

youtu.be

こんな感じのアニメ。

声優陣が豪華ですね~

 

この作品はとりあえずアニメのみで楽しんでいこうと思います。

気が向いたら漫画も買ってみるかもしれないです。

大雑把に言ってどんな作品?異世界食堂との違いも含む

異世界食堂って?」の内容と被りますが、この作品は、日本のとある居酒屋が中世風の異世界と繋がっていて、その異世界の住人に僕らの世界では普通に食べられている料理(主に和食)を食べてもらい大人気店になっていく話です。

 

異世界食堂と違う点として、この居酒屋は店そのものが異世界に常に(?)存在している(異世界食堂は、7日に一度だけ異世界食堂と繋がるドアがどこかに数か所出現する)。

 

この作品で登場する異世界はこちら側の世界とほぼ同じ。ただ少し時代が古い。

あとは、異世界食堂は半魚人やドラゴンのような生き物が存在するが、異世界居酒屋と繋がる異世界にはそういった生き物が出てこない。

 

つねに異世界とこちらの世界と繋がっているため、異世界の住人がこっちの世界に流れてしまう危険性もある、といった感じです。

読んでみた感想

僕らからしたらごく普通の居酒屋で食べれる料理が異世界では絶品料理が食べれる人気店として活躍していきます。

 

最近、この手のストーリーを多々見かけるようになったな~とは思います。

GATE、異世界食堂Re:ゼロから始める異世界生活など。

あと異世界ではないけど、おじゃる丸も少し近い仲間ですね。あれは、昔の人が現代にタイムスリップして共同生活をしていく話ですが。

 

常に店が異世界とつながっているということで、向こう世界の政治的なトラブルにも巻き込まれていきます。そういった話を居酒屋という限られた狭い空間でどう展開していくのかっていうのが気になるところです。

1巻まで読んだ疑問点

あと1巻では分からなかったのが、食事の料金が異世界の通貨で支払われていること。

換金ってどうするんですかね?

換金できないと、日本での生活に困ってしまうのでは?と思いました。

 

他は、異世界を行き来できるのは何故なのか?どういった経緯なのかがまだ判明していなかった。それと合わせて、異世界からしたら町の一角に突如店が出現したのではないのかなって思った。その辺はスルーしていく?

 

最後に、日本側から客がうっかり入ってしまうようなトラブルはないのか、業者を呼ばないといけいない用事(調理設備関連とかビールサーバーの点検とか)はどうしているのか等です。

最後に

以上、 【漫画】異世界居酒屋「のぶ」(1)の感想 でした。

 

3冊まとめて読んでみて面白かったのでもう少し続けて買って読んでみようと思います。

 

なんか異世界とか料理が絡んだ話とかの漫画やアニメが多くなってるって思いますが、面白いなら全然アリです。

 

ちょっと漫画も試し読みがしてから買いたい方は、1話は無料で読めるようなので下記のリンクへどうぞ。

web-ace.jp

 

ではっ!

七夕の日に「涼宮ハルヒの退屈」をパラパラ読み返してみた

どうも、須田ジーノです。

僕は高校生の時、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマっていた。

そして、アニメの原作となった涼宮ハルヒの憂鬱から順に買い漁り読んできた。

 

2017年7月7日時点で最後に出されている本は、2011年(平成23年)5月25日に初版が出た「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)」になっている。

6年前からこの作品は止まってしまっているわけですが、まだ続巻が出るのなら読んでみたい気持ちがまだ僕にはある。

 

そして今日ではなく昨日は七夕。ということで、

七夕で思い出す作品は僕の場合は涼宮ハルヒの「笹の葉ラプソディー」です。

 

 

涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)

 

 

それよりも、あの悪夢のように続いた話「エンドレスエイト」を連想する人もいるかもしれない。が、今日は七夕推しで書いていきたいので、他のエピソードについては書かないつもりです。ちなみに「エンドレスエイト」の収録本は「涼宮ハルヒの暴走」。一応、表紙は見せる目的で貼っておきます。

 

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)

 

 

 

まだ涼宮ハルヒの憂鬱ラノベを読んだことない人は読み終わったら書店に行って買って読んでほしい。すでに読んだことある人は、僕の感想文でも読みながら自分の買った本を手に取って読み返してもらいたい。

 

そもそも、涼宮ハルヒの憂鬱を知らない人のために少しだけ補足説明

「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」

高校入学早々、この突飛な自己紹介をした涼宮ハルヒ美少女なのだが、その性格・言動は変人そのものであり、クラスの中で孤立していた。しかし、そんなハルヒに好奇心で話しかけた「ただの人間」である、キョンとだけは会話をするようになる。

ゴールデンウィークも過ぎたある日、校内に自分が楽しめる部活がないことを嘆いていたハルヒは、キョンの発言をきっかけに自分で新しい部活を作ることを思いつく。キョンを引き連れて文芸部部室を占領し、また、唯一の文芸部員であった長門有希を巻き込み、メイドマスコットとして上級生の朝比奈みくるを「任意同行」と称し拉致。さらに5月という中途半端な時期に転校してきたという理由で古泉一樹ハルヒ曰く「謎の転校生」)を加入させ、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的とした新クラブ「SOS団」を発足させる。

ところが団員として集まったキョン以外の3人は、それぞれ本物の宇宙人、未来人、超能力者であり、キョンSOS団の結成と前後して、3人からそれぞれ正体を打ち明けられる。彼らが言うには、ありふれた日常に退屈し非日常を渇望しているハルヒこそ、彼らにとって解析不可能な超常現象を引き起こす原因となっている未知の存在なのだが、ハルヒ本人にはその自覚がないのだといい、彼らはそのことを彼女自身に悟られずに観察するため派遣されてきたのだという。当初は虚偽申告だと思っていたキョンも、間もなく実際に超常現象に巻き込まれて命の危険に晒されたことにより、彼らの言葉を信じざるを得なくなる。

そしてキョンSOS団の団員たちは、非日常を待ち望んでいるハルヒ本人に事実を悟られないように注意しつつ、ハルヒ自身が無自覚な発生源となっている超常現象を秘密裏に解決したり、宇宙人や未来人や超能力者たちの勢力の思惑に振り回されたり、ハルヒが気紛れで引き起こしたり持ち込んだりする日常的なトラブルに付き合ったりする日々を過ごすことになる。

引用:涼宮ハルヒシリーズ - Wikipedia

非日常と高校生たちの日々を描いた作品と言ったら説明不足な点があるかもしれないですが、そういう作品だと僕は思います。

ラノベを読み返した率直な感想

まず読みだして最初に思うことは、「懐かしい!」でした。

僕が高校生の時に夢中になって読んでいた小説ですから。

 

あと思うことは本文の合間に出てくるイラストがちょっと今とは違ってきて古いと感じてしまうこと。それともう一つは、長門が絡むシーンでの会話は今読み返しても理解できない箇所があったことです。情報統合思念体?懐かしい単語ですよね。

 

今回取り上げてみた「笹の葉ラプソディー」で今でも役立つというか覚えた知識で言えば、織姫と彦星は星の名前でいうとベガとアルタイルであること。それらの星は地球から約25光年と16光年は離れていることです。

まとめ

高校生だった当時の僕が七夕の日に何を願ったのかはハッキリとは覚えてはいないのですが、多分大学受験が上手くいきますようにとかテンプレ的な願いだったと思います。

 

覚えていないくらいなので願いは叶ってはいないだろうし、真剣に願っていなかったと思います。

 

ただ仮に高2の17歳の時に読んでいたとして今年で僕は26歳になります。9年経つのが意外に早いのと、大して立派な大人になっているわけでもないことが残念でなりません。必死に大学受験勉強をしていた昔の僕が今の自分を見たら速攻で勉強自体を諦めてしまう自信があります。

 

また、この記事は七夕当日に書き上げてブログに載せようとしていたんですが、小説を読み始めていたら日付がいつの間にか変わっていました。既刊が11冊もある作品なので読みだすとキリがないです。

なんかいつも以上にまとまりのない内容になってしまったんですが、僕のようにハルヒの新刊を未だに心待ちにしている人がいたら友達になれたらいいやくらいの気持ちで書きました。

 

ではっ!