暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

美容師との雑談が苦手な僕が盛り上がれた話題

どうも、須田ジーノです。

 

僕は美容師との髪を切り終わるまでの雑談タイムが苦手です。

 

話振られれば一言二言答えてシーンと無言になり、相手も察して黙々と髪をチョキチョキ切るだけになります。

 

でも、なんか美容師の人とオサレな会話を楽しみながら過ごしたい。僕はそういうのに憧れます。

 

僕が今通っている美容院は通い始めて大体、1年半?くらいになったでしょうか。毎回、店長さんにカットをお願いしていて何となく会話にも慣れてきたような間柄です。とはいっても話を振るのが苦手なので、相手から質問されるのを待つところから僕の会話は始まります。

 

夏に向けて全体的に髪を短くしてもらうことになり、カットが始まると同時に僕は席に用意されていた雑誌を順番に読むことにしました。

店長さんは僕がじっと長い間同じページを見ていると後ろからページ内容に沿った質問をすることがあります。今回はそれを利用して僕でも質問に対応できそうなページを見ていくことに。

 

僕が今回選んだ話題は「運動」です。

僕が読んでいた雑誌名は忘れましたが、夏に向けたダイエット特集のような記事でした。店長が僕が見ていた記事から運動とかしてるんですか?みたいなことを聞いてきたので僕も最近の活動内容と目的を話しながら雑談タイムへと入りました。

 

要約すると、

運動目的は、夏の海水浴へ向けたダイエット

活動内容は、腹筋ローラーと週末のジョギング、炭水化物を減らしてサラダチキンなどの肉料理を増やす食事を心がけている。そして現に体重は3か月で3、4kgは減っている

 

などということを話しました。今度は反対に店長は運動をしているかという質問を振ってみたところ、店長は休日に10kmから15km程度のジョギングを一度にするということを聞きました。店長は40代くらいなのに僕よりも長距離を走れることに驚きです。さらに聞けばマラソン大会にも参加してきた本格派のようで、ランニング中にどのアプリを使うかとか、意外に定年過ぎていそうなお爺さん世代が走るのが早くて凄いよね!みたいなランナー同士の楽しい会話へとなりました。

 

僕の中でちょっと対人コミュニケーションが成長してきているような気がしました。というより、ちょっと昔の自分に戻れてきたように思います。元々、初対面でもちょっとは会話できていたのが、会社を辞めたとか自分に自信がなくなったとかの影響で家族以外との会話に自信を持てなくなっていただけなのかもしれません。

 

ここ最近の中で変化の兆し的なものって何かなって思い出してみると今読んでいる本も関係があるような気がします。今読んでいる本は、「嫌われない勇気」です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

まだ読み始めたばかりで美容院に行っていたときは、第1章の途中でした。

それでも、自分の性格や現状というのは自分の受け止め方次第であること、自分は変われるというような記述がありました。読み進めていく中でより具体的な内容を理解できると思いますが、それでもちょっと前向きに考えてみようかなというきっかけ作りにはなりました。

 

ただ僕の場合、同時に他の小説も読んでいていつになったら読み終わるのかは不明です。最近の読みかけが増えています。

 

先月から読み始めてまだ半分しか進んでいない小説、「A2Z」

A2Z (講談社文庫)

A2Z (講談社文庫)

 

 30代の出版社勤務の夫婦が、お互いに年下と不倫していく過程が語られる作品です。不倫といっても別にエッチな描写らしいものはほぼないです。

 

主人公の女性編集者が25歳の郵便局員を好きになりつつ、でも旦那も好き。旦那も大学生の女の子と付き合ってるけど、妻のことも好きだから別れたくないのはお互い様って感じです。

読んでて変な夫婦だなと思っても読者としては彼らを別に嫌いになることはないです。何とも言えない人間関係で、オチが気になるものの急いで読まずにじっくりと読んでみようって気になる話です。

 

次にこの記事を書く前日から読み始めているラノベソードアートオンライン<1>アインクラッド

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

 

 今更感がありますが、大学生の時に見た衝撃は今でも残っている作品です。

アニメを見て、「こういう世界に早く会いたかった!」と素直に思いました。アニメも好きだし、劇場版は前売り券買って見に行き、劇場版のBlue-rayディスクは是非とも買ってそばに置きたいと思うくらいには今でも好きです。

 

趣味で小説を書く身としては、娯楽兼勉強教材として読んでみようということで買いました。二日でやっと100ページ読めそうなところですが、買ってみてよかったな~って思います。ソードアートオンラインって小説でも面白い。ただアニメから作品の虜になった人間としてはアニメのシーンを思い出しながらの読書なので、純粋に小説として読めているかというと怪しいです。アニメとしての映像なしだったら、もっと内容の理解に時間がかかって読み進めるスピードは格段に遅くなっている気がします。

これはただ僕がバトル展開の小説に慣れていないからでしょう。戦闘以外は読み進め易くて楽しいです。これも読み終わったら読書感想文も書いてみたいです。

 

そして、ソードアートオンラインと一緒に買った小説「終電の神様」

 

終電の神様 (実業之日本社文庫)

終電の神様 (実業之日本社文庫)

 

 こちらは完全に書き出しが好みで勢いで買っただけです。

途中で「ちょっと違う」とか思ったら読むのを辞めてしまうかもしれません。

 

この作者の小説も僕は初めて読みます。

書き出しが面白いなっていうのが購入動機なんですけど、アマゾンでも作品内容が見れるようになっていないし、出版社のほうからも書き出しが載っていないので僕も載せないことにします。この作品は今年2017年に出たばかりですから、書店に行けば立ち読みで確認はできると思います。そしたら面白そうかはご自身で確認してみてください。読書の好みが合いそうな人とは友達になりたいので。

 

以上、  美容師との雑談が苦手な僕が盛り上がれた話題 は終わりです。

 

振り返ってみれば、僕が一方的に盛り上がったなって勘違いしていたような気がします。でも、あの時は会話が楽しかったし、それならそれでいいやって気がします。自分が知らなかったランニングアプリの情報も得られたし。今回の髪型は自分的にはそこそこ気に入った感じに仕上がったので不満はゼロです。

 

最終的に、僕が読んでいる本の話へと移動してしまったのでウンザリする人もいたかもしれないですね。ただ最初に紹介した「嫌われない勇気」は対話形式で文章量が小説並みに多くて好き嫌いが別れそうですが、対人関係に悩んでいる、もしくはアドラー心理学に興味があるなら一読してみてもいいと思います。

 

同時進行で複数冊の本を読むのって慣れてしまえば案外覚えているものだし、ぜいたくな楽しみ方な気がします。とりあえず会話のネタに困ったら健康関連の話題を振っとけば大体うまくいきそうってことは分かりました。

 

ではっ!

iPhoneにラノベを音読してもらう

f:id:Hachan:20170511222225j:plain

どうも、須田ジーノです。

 

最近になってkindleアプリを使えばiPhoneがテキストを読み上げてくれることを知りました。

読書は好き。でも、読書と並行で他のこともしたい。そんなワガママを叶える方法を考えいました。で、僕の出した結論は、スマホに小説を読んでもらうことです。 

 

まずはiPhoneの設定から。

 

ホーム画面から設定>一般>アクセシビリティ 

f:id:Hachan:20170614223653j:image

ホーム画面から設定>一般>アクセシビリティ>スピーチ

f:id:Hachan:20170614223713j:image

見出しの順番にタップしていけば、設定箇所へ辿り着けます。タップ個所は、赤い四角で囲ってあります。

 

ホーム画面から設定>一般>アクセシビリティ>スピーチ>「画面の読み上げ」をオン

f:id:Hachan:20170614223727j:image

この「画面の読み上げ」の項目下に画面の読み上げ機能を使うための操作方法が書いてありますね。指2本で画面上部から下へスワイプすることで読み上げが始まります。

 

また、読み上げ速度は上の画像でいう読み上げ速度のバーで調整します。亀のマーク近付くほどゆっくり読まれ、ウサギのマークに近づけば早口で読まれます。

では実際に読んでもらおう 

今回、kindleアプリで読んでもらったのは、「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」の4巻のサンプルテキストです。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫)

 

サンプルテキストをここで載せていいのか分からなかったので載せませんが、主人公の比企谷(ひきがや)のことをヒキタニと呼んでくれます。俺ガイルが好きな人なら、この読み間違えの意味は分かりますね?アプリからも主人公は正しい読み方を認知してもらえないようです。

読み上げ精度に対しての感想

読み上げの精度はまだまだ改良の余地はあるようです。

漢字の読み方が間違っていたり、文がページをまたいでしまう時、変な間をあけて読みます。ただ、全体的には結構自然な読み上げをしてくれます。素人に音読させるよりもスラスラと呼んでくれる。句読点で正しく区切って読む。それはできています。が、商品名などで一部英語が入るとアルファベット一文字ずつ読むこともあるようです。

 

Maxコーヒー という単語が出るんですけど、

エム エー エックス コーヒー と読まれます。

注意点

読み上げ機能を使って電子書籍を読みたいときは、TTSという表記を確認しましょう。

これは、Text To Speachの略です。これがあるなら本文は読み上げ機能を使える本ということです。ただし、画像内のテキストは読まれません。

感想

やっぱり、プロが書く小説は音読してもスラスラと頭に入る文章の流れ、句読点の取り方になっていることに気付きます。

 

ストレスなく読める文章は、黙読しても音読しても読みやすい。それを踏まえて、今度は自分の書いている文章は読みやすいかを振り返ってみると、まだまだ自分でも読みやすくはない文章だと思います。内容が面白い以前に頭に入りにくい文章になっています。これがプロ作家と素人が書く文章の違いなんだと思います。

 

次に、このスマホで小説を読んでもらうことの欠点。

読み上げ中は、ほかのアプリの使用ができないことです。

両手が使えないような時、満員電車・ランニング中・家事などでイヤホンをして聞けるのは新しい読書の楽しみ方になりそうだと期待しています。

 

以上で、 iPhoneラノベを音読してもらう は終わりです。

 

プログラムがテキストを読んでくれるなんて素晴らしい技術ですよね。

ではっ!

大人になってから食べ物アレルギーが増えた

食べ物アレルギーって辛いです。

 

僕はダイエット目的の筋トレをしていて最後にプロテインを飲んでいます。 

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg

 

 

僕はいつもこれを飲んでいる。

 

この筋トレの流れは別段普通だと思いますが、最近、このプロテインを飲んだ後に唇が少し腫れて痒くなります。

 

この感じ、マグロの握りを食べてしまった時の症状に似ている。食べ物アレルギーが増えてしまったようです。

 

僕には食べ物アレルギーが他にもいくつかあります。どれも生命の危機があるほどではないけど辛い。今僕が把握している食べ物は、

  • 山芋
  • トマト
  • オレンジ
  • リンゴ
  • そば茶
  • 豆乳
  • マグロ(生)

こんな感じです。

これらを食べると唇が腫れて痒くなります。

ただ、そば茶は飲むと気持ち悪くなってしばらくは動けない。豆乳と山芋は全身に蕁麻疹ができて5、6時間は治りません。夕食でうっかり食べると朝まで寝れない。徹夜が捗るね。

 

筋トレをして筋肉をつけて健康的に体脂肪を減らしたいだけなのに大豆が原料のプロテインが飲めないとなると非常に困ります。困ったので最近のマイブームはサラダチキンでタンパク質を摂取すること。

 

ちょっと近所のスーパーやコンビニで売られているサラダチキン事情に詳しくなりつつあります。サラダチキンの良さをついでに少しだけ書いておきます。

その1、プロテインよりずっと美味しい

プロテインと比べれば確実に美味しい。もともと肉料理が好きなだけに肉を食べる口実が出来たのは嬉しいことです。

その2、味を選ぶ喜び

いつも1kg入ったプロテインで買ってしまうから、封を切ったらなるべく早く使い切りたい。だから、毎回同じ味のプロテインを飲まなくてはいけなくなる。

でも、サラダチキンって味付けの種類がそこそこ用意されてるのが素晴らしいです。プレーン、スモーク、山賊焼、チーズなど。他にもあるかもしれないし、なければ自分で味付けしてしまえばいい。そんな自由度の高さがサラダチキンにはあります。食べる喜びは筋トレのモチベーションを上げてくれる。それで痩せるかどうかは別として。

その3、カロリー計算がラク。

この手の商品は、パッケージ正面に大きくカロリーが書いてあります。

サラダチキンの味付けによって若干数値に違いがあること、他のコンビニ弁当と比較した時に、どれだけサラダチキンが低カロリーなのかを教えてくれます。だいたい売ってるサラダチキン1つで125kcalくらいですか?同じ棚にあった大盛りペペロンチーノ弁当は700kcalちょいありました。これ食べたら、一体どれだけ筋トレ頑張らないといけないのか考えたくないので買わなくなります。

 

といってもサラダチキンだって万能ではないですよ。今度はサラダチキンの欠点というか弱点を挙げます。

欠点1、高い

サラダチキンって1つで200円から300円前後します。

一方、僕が飲んできたプロテインはアマゾンでだいたい1kgで3200円。

1回分で20g使うから1袋で50食分になります。これで計算すると、1食あたり60円ちょい。サラダチキンで50食分買うと安くても1万円は超えます。1万円あったらプロテインを3kgは買えてしまう。コスパ悪すぎ。

欠点2、長期保存は厳しい

サラダチキンはプロテインと比べると賞味期限が短いので買いだめができない。

プロテインなら1年以上は持つけどサラダチキンは無理ですよね?そうなると、トレーニングのペースによって一度に買いだめできるのって数個が限界です。こまめに買い出しに行くのがちょっと面倒です。

欠点3、飽きる

結局、味に飽きます。

選べれるからこそ、飽きるのがプロテインより早い。

プロテインは味の選択肢が少ないし、もともとそういうものだっていう諦めがあったので苦にはならなかった。袋を開けたら即食べれるのがサラダチキンの良いところだったので、あまり調理方法を知りません。いつも、輪切りにしてチーズを乗せて電子レンジでチーズがとろっとするまで温めるだけ。あとは少しブラックペッパーをかけるくらいです。

 

他に簡単な調理方法はないですかね?どんぶり飯が合う料理はダイエットには向いていないのでサラダチキン単品で簡単でおいしいのを探しています。

 

まとめ

結局、食べ物アレルギーの話からサラダチキンについての良し悪しを語る結末になりました。僕のおすすめするサラダチキンはミニストップで売られているサラダチキンです。

 

近所のスーパーで売っているサラダチキンと同じ量なのに50円くらい安い。今はサラダチキン派ですが、買い忘れて筋トレ後に食べる肉がないことが多いので、やっぱりプロテインのほうがいい。

 

以上、 大人になってから食べ物アレルギーが増えた でした。

ではっ!