暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

読むと、明日ぜったい誰かに話したくなる生き物の本

f:id:Hachan:20180423230804p:plain

どうも、須田ジーノ( @suda_geno )です。

 

生き物って面白いですよね。

 

可愛いやつ、足が速いやつ、求愛行動が変わってるやつ、毒や鋭い牙・爪を持つ危険な奴、金になる奴、商売敵な奴、人は生き物に対する印象や評価は多岐にわたります。

 

で、そんな生き物たちはとっては、人なんて迷惑な奴らでしかないと感じている生き物でいっぱいなのだろうけど、僕は少なくとも彼らについて知りたい。

知識欲とか書いたらカッコつけているような気がするけど、知りたいんです。

今日は、読んでみて面白かったり、考えさせられた本を4冊紹介するよ。

 

 

へんないきもの

これは僕が当時、中学生だった時に読んだ本。

今から(現在が2018年として数えて)15年前に出版された本です。

 

生き物の本というと、学者が書いたお堅い文章で小難しく書いてあって、どれも似たり寄ったりなものと思っていた。しかし、これを書店で見つけたとき、面白おかしく書いてあって異質なものに思われた。

語り口はブログで参考にしたいと思える軽快さと、読んでいてフフッと笑いを誘うプロの文章だと僕は思う。

実際、内容は真面目に書かれている生き物の本なのに、独特な語り口でブラックなユーモアにあふれている。すごく面白く最後まで読めた。

 

 例えば、

 

クマムシは異常にあらゆる耐性を兼ね備えた生き物であり、電子レンジに入れても生き残ることを知ったし、深海魚の独自の進化(例:チョウチンアンコウは見た目や生き残るための戦略がスゴイと思った。また、その生存戦略を人間のことのように語るあたりも僕は好きだった。

 

雑学的な意味では読むと今まで知らなかった生き物の存在に出会えるし、人がカワイイ、カワイイと愛でるラッコは、漁師からは実は害獣として嫌われている厄介な生き物であることも知った。

というのも、ラッコは漁師が大事に育てた養殖の貝(ウニなど)を食い荒らすから。

中には被害総額が数千万円になった例もあるという。

被害総額がカワイクないので、僕は漁師に同情してしまう。

 

こんな感じで図鑑や学術書では紹介されないような生き物の一面を知ることができる。

暇つぶしに読むと読む手が止まらなくなるのは間違いない。

またまたへんないきもの

へんないきもの」の続編。

1作目では語られなかった生き物がまだまだいた。

 

文章は前作と同じで軽快な語り口調に、いかにその生き物がヘンテコな特徴があるのかが見開き1ページで紹介される。

もしかすると、中にはそんな紹介文を読んで不快に思う人がいるかもしれない。

例えば、まじめにその生物について研究している人や飼っている人とか。

 

でも、中には知っておくことで自分の身を守るための知識になるような生き物についての紹介もある。

知っておいて損はないこともあるし、面白い本ない? と聞かれて相手が生き物が好きなら僕はやはりこれらの本を紹介してしまうかもしれない。

ゾウの時間、ネズミの時間ーサイズの生物学ー

 一生に動く心臓の回数は、ゾウもネズミも一緒らしい。

とてもゆっくり心臓が動いているのか、それとも早鐘を打つような早さで一生動かし続けるのかという違いで、回数は同じ。

 

他には、なぜ、島に住むゾウは小さく、大陸に住むゾウは大きいのか。

なぜ、生き物には車のタイヤのような器官をもつものは存在しないのか。

さまざまな生き物について、学者による解説がされていて、難しい。

 

文系の僕では理解できる内容は少なかった。

難しい内容も多く、先ほど紹介した2冊と比べると気軽に読むものとは言えないけど、読んで理解できたとき、誰かに自慢して語りたくなるような知識にはなります。

 

僕は、心臓の動く回数がゾウもネズミも同じということ知れただけでも本のタイトルの意味が分かって満足してしまった。

まだ全ては読み切れていません。

白状します。

骨から見る生物の進化 EVOLUTION【コンパクト版】

 これ、今絶賛読んでいる本です。

 

辞書並みに分厚くて手に持ち続けて読むのも苦労するボリューム満点の本です。

脊椎動物の骨格について語られる本で、生命力を感じる骨格標本の写真が数多く載せられています。

http://www.kawade.co.jp/visual/bone/img/page-fig02b.jpg

出典: 骨から見る生物の進化|河出書房新社 

 これは、そんな写真の中の一枚です。

生きているヘビは苦手ですが、このとぐろを巻いたヘビはキレイだと僕は感じています。

規則正しく並んだ骨とか、それがらせん状に生前にとるであろうな姿だからかもしれません。

 

この本は、サイエンスとアートが融合した作品のようで、紹介される生き物の写真はどれも生きているような躍動感、生命力があります。

 

実際の内容は至って真面目です。

ですが、内容がとても難しく、時間をかけてゆっくり読めば、この本から得られるものは教養の範疇を超えた知識になりえます。

ただ、本の値段は結構高いです。

一度、近所の図書館に置かれていないか確認することをおすすめします。

 

akasora.hatenablog.jp

 

昔、アマゾンから本を検索して、近所の図書館に検索した本が置いてあるかどうか、かつ、貸出可能な状態かが分かるツールを紹介しました。

僕自身、この本は借りて読んでます。

知らなかった人は、合わせて読んでみて欲しい。

 

それでも、気に入って手元に置いておきたい人。

僕も自分の本棚に並べて好きな時にじっくりと読みたいと思っています。

正直、写真だけのために買っても価値があると思う。

写真集的な感じで。

まとめ

以上で、生き物についての面白い本についての話は終わり!

 

気楽に読みたいなら、へんないきものシリーズ2冊。

知識を深めたい、教養として学びたいなら、「ゾウの時間 ネズミの時間ーサイズの生物学ー」

生き物を骨まで愛したい人は、「骨から見る生物の進化 EVOLUTION【コンパクト版】」

 

こんな感じかな?

別にへんないきものでも、雑学も学べて面白いし、他2冊でも雑学は学べる。

教養だってどれでも内容の違いはあっても、多面的に生き物について考えさせられることはあります。

実は、へんないきものは社会問題を訴えるような文章もあって、人としての生活が他の種の生き物を絶滅させる要因になっていること、人の利己的な活動がどう環境に悪影響を及ぼしているかについて考えるきっかけにも個人的にはなっています。

 

だから、どれを手に取って読んでみても何か読者は得るものがあるはず。

それは読み手次第だろうと思う。

 

気になったら読む。

以上。

プログラミングの勉強を始めてみた

f:id:Hachan:20180418234033p:plain

どうも、須田ジーノです。

 

Webサービスを作ってみたい。

そんな目標を持ち、先月の終わりあたりからオンライン学習サービス「Progate」を使って学ぶことにしました。

 

もともと、僕はWebサービスを作ってみたいという気持ちは学生の頃からありました。何度も作れるようになりたくて本を買って読んでみたり、テキストエディタsublime text」を自分のノートPCにインストールしてHTMLを書いてみたり、PHPでプログラムを書いて、自分のPCに仮想環境を作り、テキストのみを投稿できるものを作ったりしていた。

 

学生だった僕は最終的に「あぁ、向いてねぇな」って結論を出して、それからは勉強するのをやめていました。

 

で何を思ったかs、26歳の僕は再び学び始めています。

 諦めが悪いというか、なんというか。

 僕はまたそんな経験がありながらプログラミングに触れることになった。

 

プログラミングに興味あるけど、まだ何も始めていないという人は参考になる情報が何かしら書けたらいいなぁとう気持ちで書くことにしました。

仕事でプログラミングとかwebサイトを作る仕事をしている方、気が向いたら意見ください。

 

何を勉強しているか(Progateで勉強してるもの)

Progateで勉強を始めたとき、無料会員だったため、学べるコースが基本構文の一部だけでした。

そのため、上記のように広く浅く習うことになりました。

が、最初は1つをキチンと学んでから次に行かないと結局、何も身につかないのは目に見えていたので4月から有料会員(月額980円*当記事の書いている時点での価格)になってHTML&CSSのコースを一通り受講しました。

レスポンシブデザインの勉強もここには含まれていて、画面サイズによってレイアウトが崩れるのを防ぐ方法もコードを書きながら学びました。

実際に書いてみて分かる大変さ。

次はJavascriptjQueryを重点的に

HTMLとCSSの次はJavascriptjQueryを集中して学ぶことにしました。

CSSをSassという書き方を学ぶと普通にCSSで書くよりも少ない行数で管理もしやすくなることを知り少しだけこっちも勉強しています。

 

Javascriptの基本は、RubyPythonと似通う部分が多かったのでサクサクと進みました。が、jQueryの初級コースで苦戦しています。

これができるようになれば、動きのあるブログ記事も自分で書けるようになりそうなので諦めないで勉強します。

 次、何を学びたいのか

HTMLとCSSJavascriptjQueryの基本を学んだら先の話。

 

次はRubyPythonについて学ぼうと考えています。

RubyならRuby on railで学びたい。

PythonならAidemyという別のオンライン学習サービスを利用して機械学習の方面を学びたい。

 

Aidemyは現在(これを書いている時点)、無料でコースをすべて学べます。

登録もメアドのみ。

講師からの指導のようなオプションはお金がかかるらしいです。

Aidemyに関してはブロックチェーンについても学べるとかで、需要が高いスキルも習得できるようです。

最終的なゴール

冒頭でも書いた通り、Webサービスを作ることです。

そこから更に公開までするのが理想です。

 

ここまでできるようになったら、仕事もこっち方面でもガンガン応募してみたいと考えています。

本当の意味でも僕のゴールを仕事をゲットすることです。

Webサービスを作るのは、その過程というか手段ですね。

次の職を手にするために、自分はどんなスキルがあって、何を頑張ってきたのか、企業に示せるものが欲しいからやっています。

Progateを利用している感想

勉強した日で考えると、まだ2,3週間も経ってないような気がします。

ここ1週間くらいはほぼ毎日取り組んでます。それだって月額会員になって、一行もコードを書かない日ができるのは勿体ないからです。

本よりもオンライン学習サービスにお金を払うことにして正解だと感じています。

スライド式の資料は見やすくて分かりやすい。

課題内容も実践的でエラーが起きると日本語で表示されるのも学習のハードルが低くていいです。

Progeteの良いと思うところ

  • スライド資料がわかりやすい
  • インターネットに繋がるブラウザがあれば、それだけでプログラミングを学べる
  • プログラムのエラーは基本、日本語で表示されるから、どこがダメか気づきやすい
  • ゲーム感覚で学べるから楽しい
  • 独学のために本を買うよりも安く挫折しにくいと感じる
  • プログラミング教室よりも安価で、時間や場所にしばられずに学べる

個人的にProgateを有料でも使いたいと思った理由が、Progateの良いと感じていることになりました。

 

過去に動画でプログラミングを教えてくれるオンライン学習サービスは利用経験済みなのですが、動画を見ながらの学習は分かりずらい。

これはプログラミングに限った話ではなくて、英語とか受験科目でも感じていました。

どの時間で自分が知りたい内容を解説しているか分からない、繰り返し学ぶ時、動画は不便でした。

その一方、ポワーポイントのようなスライド形式の資料は一枚一枚のスライドの情報量が少なくて理解しやすい。

後から復習するのも簡単。

 

プログラミング教室で10万、20万出すのは躊躇する。

そもそも、大学行きながら会社に行きながらでは物理的に金銭的に不可能って人も多いと思う。

僕は金銭的な理由と近くに教室がないから、オンライン学習サービスで探していました。外国のオンライン学習サービスも検討した結果、言語による不自由は学習する上でストレスになるので選びませんでした。

 

本で独学は経験済みで無理でした。

挫折するとわかっている数千円する本なんて買いません。

 

挫折すると書いたので、ついでに書きます。

プログラミングは新しく挑戦するにはハードルは低いですが、挫折する可能性も高いです。特に独学なら尚更です。

やはり直接教えてくれる人の存在は心強いです。

 

だから、プログラミング教室も興味があります。

自分のペースで好きな時に勉強を進められないのはマイナスですが、実際の一人で設計開発して公開するまでの、職業としてプログラミングする人たちと同じやりかたを学ぶのであれば直接指導が受けられるプログラミング教室が上だと思います。

Progateの悪いと思うところ

  • 有料会員でも個別指導はない
  • 自分のPCの開発環境を整える方法については学べない
  • 有料は月額制なので、ダラダラ利用していると結局お金がかかる
  • 用意された教材の中で学ぶため、教材に出なかった知識は自力で知る努力が必要
  • 有料会員を辞めると資料が見られなくなる
  • 教材のプログラミング言語のバージョンが新しいか古いかまでは自分で確認した方がいい

もしかすると、Progateの悪いところというより、利用者に問題があるのも書いてしまった気がする。

特に、自分で知る努力が必要とか。

仕事でプログラミングに触れたいなら自力で問題解決する気概は必要なのは分かりますが、別にプログラミング初心者が全員、仕事で活かしたいわけではないですよね。

 

中高生、大学生がプログラミングに興味持って勉強を始めることだって普通になりましたから。でも、最近利用していて思うのが教材がキレイにまとまっているために、教材で教えている知識以外にも実は方法がある! という可能性を最初から消してしまっているのではないかということです。

 

プログラミングって別に特定の処理をするためのコードなんて、正解が何通りもあるじゃないですか。

オンライン学習サービスは教材の教え通りに書ければ正解、違ったら不正解になるのでオンライン学習サービスだけやって僕はプログラミングができます、は危険なのかなって思います。

 

自分でも調べたり、本を読んで知識の偏りはなくした方がいいだろうというのが現在の僕の学習方針です。

 

こういう点、プログラミング教室はいいですね。

指導者の当たりはずれがあるかもしれないけど、柔軟な指導が得られるのはメリットです。

プログラミングを始めたい人へ

僕はプログラミングを学ぶ過程で何度も挫折して勉強を辞めています。

が、気になってしょうがないので再び挑戦している変な奴です。

 

今思うのは、プログラミングなんて知らないのに大学や専門学校で初めて学ぼう! と考えている高校生は、高校生時代に一回くらい試しにオンライン学習サービスで勉強してみるのをおススメします。

入学してから、全然分からない。とか、面白くないから学校を辞める人、辞めないけど後悔する人、少なくないと思うからです。

 

僕の知ってる中でも、そうやって学校を去る人はいました。

 

社会人でプログラミングを学びたい人。

僕もその一人なので特にアドバイスはないですが、一緒に頑張りましょう!

web系のプログラミングに興味があるならProgateの無料会員から挑戦して、その後、プログラミング教室に申し込むなり決めるといいです。

いきなり本で独学は、ハードル高いのでブラウザだけでコード書いて実行結果を確認できるオンライン学習サービスをおススメしておきます。

最後に

以上、” プログラミングの勉強を始めてみた ” でした。

 

今後、僕のブログでブログのデザインカスタマイズのソースコードとか書いて成果を見せられたらいいなと思います。

書けるようになるまで続けることが出来るかは分かりませんが。

やれるところまでやってみます。

 

ではっ!

おすすめのチェスアプリ【iOS】

f:id:Hachan:20180327234057p:plain

最近、チェスに目覚めて毎日遊んでいます。

 

akasora.hatenablog.jp

 

 

この記事で想定している読者像

  • チェスを始めたいけど、始め方がわからない。
  • チェスのルールは本やネットで学んだ。でも、遊び相手がいない。
  • 自分と実力が近い人と遊びたい。
  • チェスに関する日本語の資料・書籍が少なくて困っている。
  • 気軽に対局相手を探せると尚良い

そんな人向けに情報をまとめてみました。

日本人の競技人口が増やしたい! ただそれだけです。

世界ではメジャーなボードゲーム「Chess(チェス)」

日本におけるチェスの立ち位置って、将棋や囲碁、それから麻雀が人気で、ややマイナーなボードゲームという感じがしていました。

でも、世界の競技人口で考えると、チェスの競技人口は2012年時点で約7億人いるとされます。

参考: チェス - Wikipedia

 

7億人。。。チェスって日本では他のボードゲームに押され手気味なだけで世界中にチェスの愛好者がいます。日本やアメリカの人口を足してもチェスの愛好者のほうが圧倒的に多いです。

遊び相手を探すならネット

日本でチェスが好きな人を探すより、インターネットで遊び相手を探したほうが簡単に見つかります。

別にコンピュータを相手にすれば人なんて不要です。

でも、どうせなら人と勝負したいじゃないですか?

 

コンピュータ相手にまたチェスで勝ってやったぜ! ドヤァ ( ・´ー・`) とかしてもしょうもないですし。

 

appstoreで検索してみても、ちょっとどれが良いか最初分からなかったので僕は次にパソコンからオンライン対局できそうな場所を探しました。

その時に見つけたのが、今自分自身毎日利用するようになっているサイトを紹介します。

世界大手のオンライン・チェスサイトであり、iOSアプリ版もある、「Chess.com」です。

ただ、パソコンでもandroid端末でもブラウザで遊べるので便利です。

 

チェス - 遊ぶ&学ぶ

チェス - 遊ぶ&学ぶ

  • Chess.com
  • ゲーム
  • 無料

 

www.chess.com

このアプリは、メールアドレスの登録するだけでタダで利用できるにもかかわらず、オンライン対戦だけではない豊富なサービスを受けることができます。

 

今回は、おすすめアプリの紹介ということで各種サービス内容すべては網羅しません。

僕自身まだ、すべての機能を使いこなせていませんし、紹介したら1万字でも多分足りなくなるくらい、このアプリで利用できること【チェスについて学べること】は多すぎます。

 

自分が気に入っている点をいくつか紹介するだけにします。

その代わり、おまけで別のアプリも紹介します。

Chess.com のここがスゴイ

登録者数が2100万人越え

f:id:Hachan:20180328122805p:plain

画像の右上を見てください。

Chess.comのメンバーは現在、2190万人です。

リアルタイム見ても5万人以上が利用しているという、世界中で利用されているのでどの時間帯にログインしても誰かは遊んでます。

自分の実力と近い相手を自動でマッチングしてくれる

常時5万人前後が利用しているということで、自分と近い実力の相手がすぐ見つかります。

 

余談ですが、対戦者の名前横には国旗が表示され、様々な国の人とすぐに交流できるのも大手サイトの魅力です。

僕は4,5日の間で10か国以上の人と遊んでいます。

無料で対局内容を人工知能が分析

対局後、人工知能による分析で棋譜(最初の一手から勝敗が決まるまでの駒の動きを順番通りに記録されたもの)を基に評価をしてくれます。

 

自分がどこで悪い手を指したか、気付いていなかったけどチェックメイトできる場面があったのにも関わらず、他の手を指してチャンスを逃していた、などを教えてくれます。そのためには、棋譜を読めるようにならなければいけませんが。

 

ただこれはネットで調べたり、本で読めばすぐにわかります。

1局おわったら反省会を自分でして次に活かす。

勉強とか他のスポーツと同じです。

おまけ

とりあえず、コンピューター相手に練習したい人向け「Chess」

 

 

これは主にコンピュータ相手で遊びたいときに使っています。

Gama Center経由でオンラインもできるらしいですが、僕は使っていません。

これの良いところは、自分の実力を数値化して確認できる「評価モード」、駒の動きを視覚化して次の一手はどこが最適なのか、相手は次にどこを打ってくるかを表示してくれる「トレーニングモード」がある点です。

 

まずは、一人である程度強くなってからオンラインで遊びたいと思う人にはおすすめです。

 

いきなりオンラインで遊ぶと持ち時間ありの対局になり落ち着いて考えることもできない場合があります。だったら、時間の許す限りじっくり考えて1局1局を大切にしたい人は、コンピュータ相手に練習しましょう。

 

評価モードなら、勝敗が決まるたびにイロレーティングと呼ばれる計算方式で自分の棋力(将棋でいう何級、何段といった実力の評価)が変動します。

僕の現在は841で、初心者は500~1000らしいです。

 

ただ、Chess.comで指すと、僕のレーティングは500前後です。

こちらのアプリは、プレイヤーの実力に応じてコンピュータも強さを調整してくれるので本当に強いかどうかを知りたいなら、やはりオンラインで戦うしかないです。

 

見方を変えると、相手がコンピュータなので次の一手にどれだけ時間がかかろうか問題ないです。

気楽に遊びたいのであれば、Chess.comよりこっちのアプリです。

読んで参考になった入門書を紹介

今回、おすすめのチェスアプリの紹介がメインでした。

けど、チェスの遊び方から知りたい! そういうゼロから学びたい人、独学や人に教わったけど体系的に知りたいって人は僕が読んで良書だと思う入門書を1冊だけ紹介します。

 

僕は入門書を2冊読んだことがありますが、この1冊を駒を動かしながら読み進めればすぐ対局できるレベルにまで成長できます。

駒の並べ方、棋譜の読み方、終盤戦の考えかた、有名な定跡、初心者がどの順番で学び理解すると効率よくチェスが強くなれるかよく考えられた構成になっています。

もう、これ1冊で入門書は十分です。

 

これを読んでからチェスの理解度も高まってオンラインでもすぐ遊べるようになりました。あとは、800円から1000円で売ってる小さいチェス盤セットもあると更にいいです。手を動かしながら学ぶとチェスは理解も深まります。

 

本について詳しくはまた別記事に書くことにします。

待っていて下さい。

まとめ

以上で、おすすめのチェスアプリの紹介は終わりです。

 

チェスになれてきたら、ぜひ、Chess.comで勝負を挑んでみてください。

きっとボコボコにされます。僕は勝率が4割程度で、コンピュータ相手にするよりも難しいですが面白いです。

 

きっと、Chess.comで問題なく遊べるころにはチェスに熱中していると思います。

僕もその一人ですから。

4日で60局とかするくらいには没頭する僕が保証します。

 

ではっ!