暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

もし日本から現金通貨がなくなったら誰が得する?損する?

f:id:Hachan:20170817214622j:plain

どうも!須田ジーノ(@suda_geno)です。

 

突然ですが、日本から現金通貨が消える日が消える日が迫っているかもしれません。

president.jp

この記事によれば、現在キャッシュレス経済は既に北欧諸国では広まっているそうだ。

エストニアに至っては、ほぼキャッシュレス生活になっている。その結果として税理士と会計士自体が不要な存在になっているらしい。むしろ、キャッシュレス化が遅れている日本が異端なのかもしれない。

 

僕が思うに日本文化は今でも現金通貨ありきの生活が当たり前で、キャッシュレス化するには相当な時間と議論、国民の理解と適応する努力が必要なんだろうと思います。

 

知った風な意見はここまでにします。口調がいつもと違って違和感がすごい(´・ω・`)

けどさ、現状の文化・慣習を取り入れつつキャッシュレス化って成功し得ないのでは?とも思っています。今回は、特に経済やお金に関する知識が少ない僕が日常生活で見られる現金通貨の利用例を出し、もし万が一にもキャッシュレス化に成功したら失われるであろう日常を書いてみます。

 

その前に日本で流通している紙幣って如何ほど?

僕らが使っている紙幣、小さい額から順に千円札、五千円札、一万円札(ほぼ使われていない二千円札)とありますね。

これが今いくら、もしくは日本円の紙幣が何枚流通しているか考えたことってありますか?もしくは知ってます?

 

僕が調べた結果だと、2016年(平成28年)の大晦日、一般家庭も企業も金融機関も合計すると、

 

102,5兆円(枚数で、160,3億枚)が今年2017年へと年越しをしたそうです。

日本で流通しているお札は全部でどれくらいありますか? : 日本銀行 Bank of Japan

 ……すご、い

す、すごい金額です。

 

スウェーデンがキャッシュレス化する前の状況は分かりませんが、ある日を境に現在使われている紙幣や硬貨が古銭に代わってしまう。 造幣に関わっていた人たちは一体どこへ行ったのでしょうか?彼らの次の職や生活の変化に関しては大きく取り上げられることはなさそうだ。

子どものお小遣いを渡すのがメンドクサイ

現金がある今、子どもへのお小遣いは基本手渡しです。

それがキャッシュレス化したら、毎月お小遣いが画面越しでの受け渡しになります。

お小遣いを渡すような年齢になったら、一人一台は専用の端末もしくはスマホを持たせなければいけない……かもしれない。子どもに少額のお金を渡すために子どもも親も端末を持ち歩かないといけない。考えただけで面倒です。

キャッシュレス化した国の親子はどうしてるのでしょうか?気になりますね。

お年玉文化はどうなる?

現金通貨が根強く残る日本。

もし貨幣通貨がなくなれば、お年玉もお年玉としての感覚はなくなるのではないのかと思います。

なぜなら、日常でのお小遣いの受け渡しと手段やシチュエーションが同じだから。

キャッシュレス化した時代に生まれた子からすれば、正月になると小遣いとは別に臨時収入が得られる程度の感覚になるはず。

それは現金でお年玉をもらった僕と同じかもしれないけど、ポチ袋に入っていないデジタルな数値でしか見られないお金に特別な意味を持つ感覚はなくなるような気がします。

神社へのお賽銭

 正月の初詣に行っても、小銭を投げ入れてお願い事をする。

これもなくなってしまいます。

もしかすると、神社がお賽銭用のコインを売り、それを一度買ってからお賽銭箱に投げ入れるみたいな真似事に変えられる未来が待ってるかもしれない。そんな可能性もキャッシュレス化した日イヅル国、日本にはあるということです。

冠婚葬祭でのお金の受け渡し

まず、冠婚葬祭の簡単な説明から。

冠 ー 成人式。お祝いです。

婚 ー 結婚。ご祝儀のお金をここでは扱います。

葬 ー 葬式。葬式は、お金の移動がごちゃごちゃしてて大変。

祭 ー お盆や法事。お坊さんへのお布施。

 

こういった金銭のやりとりも現金が大きく関わっているのが日本。

結婚式に参加すれば、ピン札(折れ目のないお札)を用意して祝う。

葬式に出席するなら、必ずお札に折り目をいれてから渡す。

お坊さんへのお布施も現金の手渡しが基本です。口座に振り込むとかは聞いたことないな。

お金の状態にも意味を持たせるのが日本。

キャッシュレス化したら、お坊さんがスマホで自分の口座にお布施が振り込まれているかを確認する。お盆にお経を唱えてもらった後、その場で家主がクレジットカード決済をお坊さんとする。みたいな情景に変わるということです。

ご祝儀ならビットコインで送金とかに変わったりするかもしれない。

楽っちゃ楽だけど、ね?

ゲーセン

両替機で100円玉と千円札を交換して遊ぶこともない。

100円玉を積んでUFOキャッチャーで遊ぶこともなくなる。ソシャゲのガチャみたいに課金して遊ぶような光景になるんでしょう。

道端の野菜売り

地方、特に田舎では普通にある道の傍らでの野菜販売です。

これって実はグレーゾーンな商売らしいのですが、現金のない時代になったら今ある日常風景も消えてなくなるのかもしれないですね。

 

硬貨・紙幣を使ったシステムが使えない

現金通貨を利用した機械・システムってたくさんあります。

  • 自動販売
  • コインロッカー
  • 高速道路の料金所
  • コインパーキング
  • 自動券売機
  • 両替機
  • 公衆電話
  • おみくじ
  • ガチャガチャ

今挙げてみたものの中には、既に別の決済手段が普及しているものもあります。

例えば、駅の切符はsuicaなどの電子マネー、高速道路はETCカードを利用することで自動で精算できます。自動販売機もコインロッカーだってスマホ電子マネーでの支払いは当たり前。残るは、神社で利用するおみくじや100円玉を入れて買えるガチャガチャ。なくてはいけないかと言われると、一部の人には不要といわれてしまうようなものです。

まとめて感想

考え方を変えれば、現金が使えなくなるタイミングで新しい事業や製品が誕生するチャンスです。変化に順応出来れば新しくできる市場を独占できるかもしれないです。大きな変化は大きなチャンスです。

 

そして最後にキャッシュレス化は必ずしもデメリットばかりでもないです。

事実、現金を持たない・扱わないことで強盗に会いにくくなるメリットがあります。

キャッシュレス化によってスウェーデンでは、強盗や盗難といった犯罪が減り、犯罪防止にも役立っている。現金が置いていなければ、コンビニも銀行も襲おうなんて考えもなくなる。

僕自身は今でも現金があって欲しいと考えていますが、世界全体がキャッシュレス化してしまえば、嫌でも日本はキャッシュレス化を進めていかなればいけない。

キャッシュレス化は大きな変化であることは間違いなさそうです。なぜなら日本政府も次の2020年のオリンピックに向けてキャッシュレス化を進めていきたいとも考えているから。もう海外だけの話だと考えている場合ではないです。

 

ではっ!

軽自動車のバッテリー交換を自分でしてみたら意外に簡単だった

f:id:Hachan:20170809231918p:plain

 

どうも、須田ジーノ(@suda_geno)です。

 

初めて自動車のバッテリー交換に挑戦しました。

やってみて思ったことは、 ”なんだ、簡単じゃん” です。

 

【注意】最初に読んで下さい

この記事内容を参考に作業する場合、自己責任でお願いします。

HV車(ハイブリット車)など一部、個人でのバッテリー交換が事実上不可能な車種もあります。

ここでは、ガソリンで走る軽自動車を例に出して書くので参考にならない人もいるということだけは始めに伝えておきます。 

赤字で書きましたが、ここでの記載内容を真似しての作業は自己責任で行ってください。

そもそも何でバッテリー交換したの?

きっかけはガソリンスタンドでのバッテリーチェックです。

いつも通りガソリンの給油していたら、大学生くらいのバイトの子がやって来てバッテリーチェックをしませんか?的なことを言われたので念のためにお願いしました。

 

で結果は6段階か8段階中、下から2番目という評価でした。このままでは危ないですよ~っていうトークが始まり、内心、ここのスタンドはちょっとのことでも大袈裟に言うし信用できないなぁと思いつつも簡単な見積もりだけはして貰います。

こういうの全国的にトラブルがあるみたいですね。

 

中には本当に誠実な対応をガソリンスタンド側もしているのでしょうが、僕がスタンドで言われてから正規のディーラーさんのところへ相談すると、大体「まだ使えます。サービスで無料交換できるからします。」とか「うちの方が安くできます」みたいな流れになる。

だから個人的な信用度は、ディーラー>ガソリンスタンド。

ただ今回に関しては、バッテリー交換した最後が2年半ちょっとなので念のために交換することにします。

ちなみにガソリンスタンドで提案された内容だと、新しいバッテリーと工賃で約1万円。バッテリーは3年保証のものです、と言われましたが、僕の車は既に14,5年落ちの軽自動車。そこまで良いバッテリーでなくてもいいような気がします。

バッテリー交換をやめたほうがいい人

僕の独断ですが、バッテリー交換を自分でしないことをお勧めする人を考えてみました。あとで後悔する人は先に減らしておきたいので書きます。

  1. 重さ10kgを片手で余裕で持ち上げれない人
  2. 心配性な人
  3. 注意力がない人
  4. 作業を補助してくれる人がいない場合

まず上から順番に説明すると、軽自動車のバッテリーは約10kgあります。

この10kgのバッテリーを傾けないように垂直に上げ下げして交換するので、ある程度は力が必要です。万が一、バッテリーをエンジンルーム内に落とせば他の部品に勢いよくぶつかって壊してしまう可能があります。足に落ちても危険です。

ただ、帰宅後に自前のダンベル10kgを母に渡したら普通に床から胸のあたりまで持ち上げていたので問題なく作業できる人は多いはずです。ちょっと母のドヤ顔が面白かった。「え?こんなの余裕ですけど?」みたいな反応。健康なのは素晴らしい。

次が心配性な人。

確かに僕みたいなど素人でも交換できました。僕も父はいつも自分で交換していて何十年も車の運転しています。自分でバッテリー交換してバッテリーが原因の事故も故障も一度もしていません。つまり僕自身にとってはそれが日常の一部なわけで、バッテリー交換って難易度の高いものという印象は思い返せばなかったです。

 

それでも親や周りの人がいつもディーラーやガソリンスタンドで交換してもらうのが普通で、車のことは全て業者に頼むのが一番って環境なら?やはり自分でするのって不安かもしれない。そういう人は安心をちょっと割高な料金で業者に作業をお願いしたほうが安心して車に乗れると思います。目先の数千円の浮いたお金より、業者が調整した車に乗る安心のほうが勝る人もいるはずです。あとでビクビクしながら乗るくらいなら自分での作業は辞めときましょう。

3つ目に注意力のない人。

作業前にエンジンを切ること、プラスとマイナスの端子のつなぐ順番とバッテリーの扱いが主な注意する箇所ですが、車の部品交換っていい加減な作業でしていいものではないです。

例えば、バッテリーを繋ぐ端子を浅く緩く取り付けて走るうちにバッテリーの端子が外れてしまう…聞いたことがない話ですが、車の扱いが雑な人に車のハンドルを握ってほしくないのが個人的に思うことです。

最後、作業の補助をしてくれる人がいない場合。

父はいつも一人でしていたので僕も次からは一人でも出来るかなって考えていますが、初めてなら経験者が横にいる時にしましょう。じゃないと、不安で不安で作業にならない。それに、なにかトラブルが起きた時や作業を補助してくれる人がいたほうが二人で作業に不備がないか点検をしつつできるから安全です。

スマホで調べながらもできますが(例えば、youtube)、いざ自分の車を前にすると、エンジンルームの部品配置が違っていたりして何を触っていいのか自信がなくなるかもしれません。

父親と相談

帰宅した父と今日のガソリンスタンドでの出来事を話した結果、自分でバッテリーを買って自分で交換すればいい、ということでした。バッテリー交換……不安だけど、自分で出来ることは自分で出来るようになろうと思ったので挑戦してみることにします。

ただし、父に見てもらいながら作業するという条件付きでの取り組みです。

バッテリー選び

そもそも自分の車に合ったバッテリーをどうやって探すかです。

最初に車のボンネットを上げ、バッテリー上面に書いてある6桁の英数字を確認します。

僕の場合、40B19Lでした。これを例に見方を説明すると、

  • 40は、始動性能・容量のグレードを表します。数字が高いほど、高性能なバッテリーとなります。
  • Bは、短側面のサイズ。
  • 19は、超側面の長さ。
  • Lは、端子の位置を表しています。

今使っているバッテリーと同じ規格のものを選べばいいわけです。

店に並んでいるバッテリーのパッケージには上記のような英数字が大きく記載されているので探すのは難しくないはず。自信がなければ店員さんに尋ねてみてください。

 

僕が行った店には僕の欲しい規格のバッテリーが5種類ありました。

違いは、保証年数とメーカー、あとは価格の違いでした。場所によっては寒冷地仕様のバッテリーも並んでいるかもしれないです。

僕の場合、車が古くてそろそろ車も変えたい心境なので下から3番目に安いものを選びました。値段は約6千円。僕が買いに行った店だと、一番安くて3000円台のもありました。それでもいいかなって思ったんですが、2年保証がついていたので結局は6000円のを買いました。そのあたりは個人の安心を買うのにいくらが必要かって話だと思います。人って安すぎても不安で買わないなんてこと、よくありますよね?

実際の作業

作業自体は15分から20分前後で完了。

意外に早く済みました。

大まかな手順としては、

  1. 車のエンジンを切る
  2. ボンネットを上げる
  3. 古いバッテリーのマイナス端子を外す
  4. 古いバッテリーのプラス端子を外す
  5. 古いバッテリーを垂直に持ち上げて取り出す
  6. 新しいバッテリーを垂直に下ろして乗せる
  7. プラス端子から繋ぐ
  8. マイナス端子を繋ぐ
  9. エンジンを掛かるか試してみる
  10. 問題なければエンジンを切る
  11. バッテリー端子が外れないように各所をしっかり締める

こんな感じでした。詳しくは、

バッテリーの交換方法|バッテリー基礎講座|古河電池株式会社

で読んでみてください。

後、バッテリーを脱着に使った道具はレンチくらいです。ついでに軍手もあると手が汚れないくらいです。なくても素手で交換しても問題なかった。

SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組

SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組

 

こういうのがあれば問題ないかともいます。 

バッテリーの処分

バッテリー交換が無事成功したので、レシートと古いバッテリーをバッテリーを買った店に持っていき処分をお願いしました。これ、自分で廃棄処理すると500円くらいお金を取られてしまうので、バッテリーを買った店が無料回収してくれるとすごく嬉しいです。僕の住んでる場所付近ではホームセンターはこういったサービスをしてくれます。

 

そもそも古いバッテリーを引き取ってもらうつもりで、ホームセンターの駐車場でバッテリー交換をしていました。平日で駐車場がガラガラだったのでしましたが、場合によっては店側に先に許可を貰うとかしたほうがいいかもしれません。

その後、車の調子は問題なし

バッテリー交換して2週間くらいになりますが、問題なく走れています。

正直なところ、車もだいぶ古くなってきて今年の夏を乗り切れなかったらどうしようって不安でした。でも、バッテリー交換してから車の調子も良いし、来年まで乗れそうとか思ってます。

あと気になる点は、エアコンの風量が少し弱いのでガスが濡れているのかもしれないということです。これに関しては素人には無理なので業者頼りになりますね。

最後に

以上で、 軽自動車のバッテリー交換を自分でしてみたら意外に簡単だった は終わりです。

タイヤの交換、ワイパーの交換、バッテリー交換。自動車の部品に関して出来ることは、この3点になりました。 

実際、ガソリンスタンドで提示された金額より3000~4000円は安くできました。

この差額って結構大きくないですか?作業で使うときに紹介した工具を買ったとしても余裕で自分でしたほうが安い。工具はこれから先も使えるからね。

でも、バッテリーのグレード、車種によって価格帯はもっと高いのもあるので人によっては、もっと得をする人、または労力の割には得をしない人。自分で作業したばかりに、他の部品を壊してしまって高くつく人もいるかもしれない。

 

安全運転、きちんと整備された車の乗りましょう!

ではっ!

【2017】長良川第72回全国花火へ行ってきた

f:id:Hachan:20170806135240p:plain

どうも、須田ジーノ(@suda_geno)です。

 

岐阜県岐阜市

かつて織田信長が岐阜と命名して2017年で450年という月日が経ったそうです。

今回はそんな大きな節目に開かれた、織田信長公岐阜入場・岐阜命名450年記念 第72回 全国花火大会へ行ってきました。タイトルが長いな。

 

この記事は長良川花火で撮れた写真と行った感想です。

来年以降、この花火大会に行く人は参考にしてみてください。

 

花火会場

f:id:Hachan:20170505231525j:plain

花火会場の金華橋

しかし、これは花火大会とは別の日。右手前の原っぱと対岸は見物客で埋め尽くされます。仮設トイレの位置と花火を打ち上げる位置には注意しましょう。

花火会場の場所選び

花火は長良川河畔(長良橋金華橋間)で打ち上げられます。

2つの橋の間から打ち上げているので場所によっては橋が邪魔で花火全体が見えないなんてこともあります。また、この2つの橋の間はよく見える一方、真上に花火が広がるので首が痛くなります。

 

原っぱからなら、寝転がって見れそうだったので最後まで花火を堪能したいならおススメです。また途中で帰るなら立ち見か駅側の川沿いで座って見ましょう。

今回の写真

今回、僕は花火をビデオ撮影しました。

ビデオにしてからスクリーンショットにして静止画を作る方法です。

hanabi.walkerplus.com

f:id:Hachan:20170805235744p:plain

あとから好きなシーンを画像にできるのが、この方法の良いところです。

 

ちなみに僕の使ったスマホはiPhone6s。

動画を撮る前に、「設定アプリ」>「写真とカメラ」>カメラ項目ービデオ撮影>1080p/60fps にします。

f:id:Hachan:20170805235747p:plain

こういうのもビデオから切り出すからこそ作れる画像じゃないですか?

ピンぼけした感じが僕は結構好きです。

 f:id:Hachan:20170806130338p:image

これも花火。星じゃないですよ

停止状態でビデオをスライドして見てたら作れました。

 

ビデオから静止画にして満足のいく写真はこのくらいです。

あまりキレイにビデオ自体が撮れていなかったようです。

おまけ:花火が始まるまでの時間つぶし 

長良川の花火会場手前に市立図書館があります。

この図書館は夜9時までやっている上に、一回にコンビニもあります。

花火大会当日は、正門玄関前に屋台の車も来ていたのでここで食事とトイレへ行ってから会場へ向かえば安心です。

実際、浴衣姿のカップルや家族も多くいました。地元民的には当たり前なんでしょうか?

中央図書館案内- 岐阜市立図書館| みんなの森 ぎふメディアコスモス

まとめた感想

写真を撮ったり、花火開始まで図書館でゆったり本を読んで楽しんでいたとは思うのですが、一人で行くには花火の打ち上げ時間が長すぎました。

立ち見だったので足が疲れて結局30分くらいみて岐阜駅まで徒歩で帰りました。

打ち上げ予定では、19:30~20:45だったので半分も見ないで帰ってきたことになります。途中で帰る人は少数派で、ラストだけ見たいのか20時を過ぎてから会場のほうへ向かう人も少なくなかったです。

 

毎年花火大会は必ずどこかに行く僕ですが、ここまで大きい花火大会を一人で行くのは初めてでした。思った以上に一人行動が目立つように感じられます。特に金華橋での移動は一人で渡るのが辛かった。

 

 

以上で、 【2017】長良川第72回全国花火へ行ってきた は終わりです。

ではっ!