暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

「ダンジョン飯 1巻」の感想と紹介。襲い来るモンスターたちを、食べて、進む冒険!!

どうも、須田ジーノです。

 

新感覚なダンジョンの冒険を描くファンタジ漫画「ダンジョン飯」という作品があります。

この作品がもし、ダンジョンでの冒険を描くだけならありがちな話。

でも、モンスターとの戦闘よりも、モンスターたち倒したら料理して食べちゃおう!っていうのがちょっと変わったお話です。

 

ダンジョンにはドラゴンやバジリスクなどが登場するファンタジー世界なのに、主な話題はいかに美味しくモンスターを食すかというグルメ漫画の側面も持ち合わせています。そういうダンジョンを冒険する人たちの日常風景のような、ありそうで今までにない話が面白くて僕は買っています。

 

今回は、初めて作品を知った人のために僕から簡単な作品の説明と魅力について語らせてもらおうと思います。

作品に興味を持った人が是非、ここから先も読んで欲しい。

 

この作品の世界観

この作品の世界では、人以外にもエルフやドワーフ、オークといった多様な種族が存在し共生している。彼ら多様な種族たちは、剣士や魔法使いに鍵士、のちのち登場するけど侍や忍者などといったRPGならでは役割を持ちパーティーを組みながらダンジョン攻略目指して冒険します。

 

彼らがダンジョン攻略を目指す目的とは、「狂乱の魔術師」と呼ばれる魔術師を倒し残されたダンジョンを我がものとするためです。

ダンジョンはもともと、「黄金の国」と呼ばれたほど栄華を極めた国でダンジョンが手に入れば巨万の富を手にすると同義というわけですね。これが冒険者になる一般的な動機になるようです。

主人公一行の目的は、ドラゴンに食べられた妹の奪還

では、主人公の目的はどうかというと、当初ではダンジョン攻略が目的でもちろん冒険をしています。

しかし、物語が進んですぐに主人公の妹が主人公を庇って大物モンスター「レッド ドラゴン」に食べられてしまいます。主人公の妹「ファリン」は、食べられる直前に放った魔法のおかげで主人公とその仲間は妹以外は無事にダンジョンから逃げることできます。

彼は妹を救うために再び、ダンジョン攻略の冒険へ出かける!っというのが話の目的へと変わります。

ちょっと主人公がサイコパス

彼らがなぜモンスターを食べるのかというと、先のレッドドラゴンとの戦闘で食料やお金、仲間を失ってしまい食べ物が買えないからです。

 

そこで主人公は残ってくれた2人だけのパーティーメンバーに自給自足で攻略を目指そうと提案する所から王道的な冒険物語から逸れ出していきます。それが、モンスターを食べてダンジョンを進もうという行動に繋がります。いや、だからこそ、僕はこの作品が好きになっているのですが。

 f:id:Hachan:20171212174322j:image

出典  ダンジョン飯(1)

では、なぜ主人公がサイコパスだと僕は言ったかというと、彼がモンスターを食べる本当の理由にあります。主人公はもともと魔物(今までモンスターと言ってきたもの)が好きで、鳴き声や姿、そして生態に興味を持ちます。それは最終的に味へと興味関心は進んでいったそうです。つまり、主人公は魔物を食べる機会を伺っていたわけです。 

f:id:Hachan:20171211002012j:image

出典 ダンジョン飯(1) p.023より

だからこそ、ほかのパーティーメンバーが思いつかなかった魔物を食べて生きるという手段がすぐに思い浮かんだとも言えそうですね。

モンスターは敵ではなくて食糧?

 f:id:Hachan:20171210231449j:image

出典 ダンジョン飯(1) 帯の裏面より

まずは、本についてた帯のイラストから本作品の大まかな流れを紹介。

モンスター料理して、食べる!!

はい、この流れです。

無駄な殺生などではなく、生きる糧として倒していきます。妹を救いたい一心から待ち受けるモンスターと戦いますが、お腹が減るから食べたいも含まれています。そんな理由で狩られるモンスターも珍しいだろうね。

まとめると、作品の魅力は一つじゃない

この作品は読んでいてマンガなのにゲームのRPGを進めているような不思議さも僕は魅力的な良さに思えます。

次のページをめくると主人公たちの戦闘が新たに始まるのか、それともやっぱり料理をしているのかワクワクしながら読み進めてしまう。そして完成する料理が現実でもありそうな見た目の出来栄えで普通においしそうに思えてしまう。やっぱ、料理漫画なんです。直材入手は無理だけど、似た食材で作れてしまいそうなのでマンガ飯も工夫次第でできそうです。

 

その魅力というのがダンジョンを攻略していく冒険者への憧れなのか、それとも、ファンタジー世界を新鮮な切り口から描かれているからなのか人によって魅力的に思う要素は違うかもしれない。

けど、理由が一つにはならないからこそ魅力的な物語だと僕は思う。