暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

スマホを落としたくないなら、バンカーリングとフィンガーストラップのどっちを選ぶか?

f:id:Hachan:20170528132533j:plain

どうも、須田ジーノ(@suda_geno)です。

 

スマホアクセサリーのバンカーリングとフィンガーストラップ。どちらかを使っている人も多いと思う。が、意外に使っていない人も見かけるので記事として書いてみることにします。

僕の少し前の悩み。それはiphone6sに変えてから片手操作が難しくなったことです。

比較的手が小さい部類の僕は、片手でスマホが扱い難そうという理由でしばらくはiphone5を使っていました。約3年。しかし、バッテリーの劣化は激しく、日中の8時間すら持たなくなり仕方なくiphone6sに機種変更しました。

 

そして予想通り、懸念事項であった問題が発生。

  • 片手で持った時に、親指の付け根と反対側の画面端に指が届かない。
  • 手 [主に指] が痛い。
  • 落とす。落としかける

いや、必死に伸ばせばギリギリ画面端まで届くかもしれない距離感。でも手が痛いし、スマホが何度も手から零れ落ちそうになる。一台約10万もする端末を落として壊したくない。一度、トイレにダイブしそうになって焦ったことも。スマホのバックアップをあまりしない僕にとって、それは非常に焦るもの。バックアップは大事だよね。

 

話はそれたけど、こういった問題を解決するために僕が考えた案が先の2つ。

  1. バンカーリングを購入する
  2. フィンガーストラップを購入する

さぁどっちが自分には合っているのかなって考えていた。

スマホを買って1、2か月は悩んでいたかもしれない。

 

アマゾンで商品を調べつつレビューを読み漁る。

星(評価)は?コメントは?ネットのおすすめ商品は?

 

ざっと調べた結果、僕はフィンガーストラップを選びました。

順を追って購入に行った経緯を説明します。まずは、両者のメリット・デメリットから。

*メリット、デメリットは須田個人の感想をまとめたものです。

 

バンカーリング

バンカーリングは、硬質なケースまたはケースなしでの利用者が使うイメージ。

というのも、バンカーリングスマホの背面に強力な粘着性のあるシールやテープで固定して使用するものだから。そして、凹凸のないフラットな面がないと接着力が弱まるため落下の恐れがあるとも調べていく中で分かります。

 

 

バンカーリングのメリット

  • 片手操作を楽にする
  • スマホスタンドになる
  • 一部、車載ホルダーにもなるタイプがある。スマホをカーナビ代わりにしたいなら一石二鳥
  • タブレットのような大型端末にも有効

バンカーリングのデメリット

  • リングが固い。スマホの向きを変えるときは結局両手
  • リング位置が固定される
  • スマホの厚みが増す
  • 粘着テープが強力。直にスマホへ付けた場合、スマホ事態に歪みが生じる可能性あり
  • リングが硬くて長時間片手操作すると指が痛そう

これが僕の調べて結果とバンカーリング付きのスマホを弄ってみた感想です。

これ読んで、「いや、バンカーリングの方が便利だし」とか思う人もいるかもしれないですが、あくまでも個人的な感想ですから。タブレットならバンカーリングを買いたい。そんな機種の大きさで買い分けていけばいいと考えています。

おまけ

www.mitaseka.com

この方の記事、ブログ書きながら知ったので紹介します。

 

この記事はバンカーリングのおすすめ商品についてよく書かれていて、読んでいて欲しくなった。ちなみに欲しい!って思ったのはコレ。 

ケース付けてても使えるし、人型のバンドっていうのも面白い。

利用シーンはフィンガーストラップより圧倒的に多く。汎用性が高いアイテムだと思う。 

 

フィンガーストラップ編

フィンガーストラップは、スマホケースのストラップホールにつけて使うタイプのもの。昔よくあった、ガラケーを首から下げるストラップが指に引っ掛けるものに変わったとも言えます。

 リングがスマホと固定されていないのがバンカーリングとの違い。指にリングを掛けてスマホを持ちます。持ち方によってはバンカーリングよりも片手操作がしやすくなる。

エレコム リングストラップ ソフトレザー 携帯 スマホ用 Lサイズ 内径22mm 耐荷重200g レッド P-STF03RD

クリックすると、アマゾンのページへ移動します。

フィンガーストラップのメリット

  • スマホケースにストラップホールがついていればケースの素材は関係なく使える
  • リングの素材は豊富にあり、プラスチック製や革製、木製や金属製やシリコン製などもある
  • スマホの厚みが増さない
  • リングの素材を柔らかいものにすれば指も痛くない
  • バンカーリングよりも安価なものが多くみられる

バンカーリングよりもスマホケースの素材を選ばないっていうのが、バンカーリングと比べるとアドバンテージが大きいです。

例えば、手帳型ケース。男女ともに利用者は多く見られる。

それはオシャレなケースが多いからです。そんな人からしたらフィンガーストラップは便利なアクセサリーです。手帳型は持ちにくい時がありますからね。カバー部分が持つ時に邪魔なことが多い。

そういう不満があるなら、一度フィンガーストラップを試してほしい。安いものでワンコインで買える。

フィンガーストラップのデメリット

  • ストラップの細い紐に荷重が掛かるので、タブレットなどの大型端末には使用できない商品が多い
  • 扱いが雑だと、紐が切れてスマホを落とす可能性あり
  • リングが固定されていないことが、かえって不安定な持ち方になる
  • スマホケースのストラップホールの位置に依存した操作性になる

思いつくデメリットは以上です。

 

フィンガーストラップはリングが固定されていないのが良い点でもあり、弱点でもあります。

 

僕が使っているスマホケースは背面の下の端真ん中にストラップホールがあります。

 

ELECOM iPhone6S iPhone6 ZEROSHOCK ケース レッド PM-A15ZERORD

ELECOM iPhone6S iPhone6 ZEROSHOCK ケース レッド PM-A15ZERORD

 

 

右手で持っても左手で持ってもリングの位置は同じ。だから使いやすく感じます。でも、スマホケースによっては、デザインによって右下角にしか穴が開いていないとかもあるかもしれない。

使っているケース事情によって使い心地が左右されてしまうため、利用者の感想・評価も変わってしまう。この記事を読んでフィンガーストラップを買ってくださる人もいるかもしれない。しかし、スマホケースによっては思ったほど便利と感じないかもしれないです。そこだけはご注意を。

 

次。フィンガーストラップは耐荷重が表記されています。

さっき紹介したフィンガーストラップなら耐荷重は約200g。

iphone6sの重量が約143gなので対象製品です。

しかし、中にはもっと重い端末もあります。例えばタブレット

タブレットスマホといった所謂ファブレット。

ちなみにiphone6s plusは約190g。もっとスマホ大型化したり重くなるとフィンガーストラップも使用可能端末も減りそうです。 

まとめ

結論として、どちらにもメリット・デメリットは存在し一概に優劣を決めるのは困難でした。

使っているスマホスマホケースによって使いやすさが変化するから。

今の僕の心境的には、フィンガーストラップよりです。今使っているフィンガーストラップは、リング部分が革製で指が痛くない。リングは柔らかく、リング内側の角が丸く加工されているためです。

フィンガーストラップを付けた新しく変化が一つあって、ジーンズのポケットから取り出しやすくなった。スマホがiphone6sに変えたばかりの頃、ジーンズの前ポケットギリギリで取り出し難かった。けど今は、リング部分を初めから前ポケットから出しておくこと。そうすると、取り出す時はリングに指を引っ掛けて出しやすくなった。

バンカーリングを付けている友達は、バンカーリングがかさばってジーンズから出すときに邪魔そうにしていた。

これもフィンガーストラップの良さかもしれない。

 

まだどちらも使ったことがない人は是非試してみて欲しい。

ではっ!