暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

会社を辞めた僕は元上司の名前が思い出せない。

f:id:Hachan:20170504000804p:plain

 

akasora.hatenablog.jp

 退職した話は以前しましたね。

今回は、その後の僕はどうなったかという話です。

この記事のメインになる話は、元上司の名前が全く思い出せなくなっていることです。

現在進行形の話で、いろいろ名前の候補を頭の中で出してみるんですけど、思い出せないんですね~。

 

退職して食欲は戻った

まずは食欲が戻り始めました。

もう、あの会社へ行かなくていい。あの人にも会わなくていい。1年と少し働いて、適正がないと嫌というほど思い知らされた仕事を、製図をしなくてもいい。そう思うと、仕事の納期から自由になった解放感が嬉しかったです。短納期のプレッシャーは過去のものへと流れます。書けば書くほど、働くのが向いていないと自覚するから辛い。今は、向いていない仕事の傾向が分かったことだけを評価しましょう。前向きに。

 

食欲が戻ると、段々と判断思考力も回復していきます。冷静に現状を把握しようとしていく中で、僕の体は限界だったんだろう、あの判断は最高に正しかったと再認識しました。それに伴い、この無職という肩書はどうしたものかなって現状の自分の立ち位置の危うさも確認できました。

 

退職→無職→近所の目が怖い→引きこもり(転職活動+バイトはしている)今ここ

 

自分が一日の大半を家にいる人間になってみると、やることがなくて困りますね。

思考も体も健康な状態へと戻ったがために、惨めさの実感も正常に把握してしまいます。ただ僕の場合、大学時代の友達に退職したことをカミングアウトしたら、相談に乗ってくれるし、僕に向いてそうな仕事って何かをskypeを使った話し合いをみんなでしてくれるので恵まれた環境であることは間違いないです。

上司の名は。

元上司、あなたって何て名前でしたか?

いつの頃からか、そういえば、あの人って何て苗字だっけ?と、ふと思い出そうとした時がありました。その時、既に名前が思い出せないことに気付きました。他の先輩社員や同期、後輩の名前が大体は辞めて1年近く経っても思い出せるんです。でも、いつも僕の隣の席で仕事していた上司の名前だけが思い出せないんです。仕事が上手くいかないストレスと上司への恐怖がもとで仕事を辞めたからか、嫌な記憶を忘れるとともに元上司の名前も忘れてしまいました。元々ストレスを感じやすい、メンタル面が弱い僕ですが、こんな体験は初めてです。親に相談しても、「もう、どうでもいい人なんだから、思い出す必要はない」みたいなことは言われました。ただ、気になるじゃないですか?退職を決意したきっかけをくれた人が誰だったか。(なんか、文字にすると今も病んでますね。)

f:id:Hachan:20170504232130j:plain

 いつから名前を思い出せないのか?

いつからなのか分かりません。

 

退職希望が受理されて、会社へ私物の受け取りをした最後の日は元上司となった人と少し話してお別れの挨拶をしたので、その時は覚えていたんです。同席した、他の管理職の人の名前は今でも覚えています。辞めた1,2か月は親と会社の話をしていた記憶があるので、まだ覚えていたと思います。ただその当時、日記とか書く余裕なかったので、記録がないんです。失敗ですね。

 

名前が思い出せなくても生活に支障はない

生活に支障がないから、悩みではないです。ただ思い出せないのが気持ち悪い、そんな感じです。

 

誰だったかな~ってモヤモヤすることって日常でもありません?あのドラマの俳優、名前なんだっけ?あれに近いです。

 

それ以外の体調の変化

ここまで、食欲が戻った、考えが正常に戻った、元上司の名前が思い出せない、といった3点を紹介しました。他にも、仕事を辞めて変わったことがありました。それは、仕事の夢を見なくなったことです。

 

退職する少し前まで、僕は時々夢を見ていました。夢の中では、納期に間に合わすことができなくて上司に怒られるとか、会社で製図作業をいつまでもしていくみたいな夢を数回見ていました。夢の中でも嫌いな仕事をする。悪夢ですよ、これ。これ見た朝も出勤日だったりして、会社へ行くんですよ。寝ても覚めても仕事のことが気掛かり。そんな精神状況だったんですね。仕事が終われば、帰りの車で、今日は何の失敗をしたか、明日はどこから作業に入ればいいか。寝る前は、起きたら会社かと思い、明日も失敗するに違いない。ポジティブな発想は限りなくなくなってました。

 

f:id:Hachan:20170504233830j:plain

無事退職できて思うこと

僕は心療内科へ通ったり、体調不良で会社休んだりして、会社を避け始めて辞めました。仕事への責任感が薄いと非難されれば責任感がないのでしょうが、そんな正論を言われても会社に行きたくないものは行きたくないんです。まぁ、だから最終的には自分から会社を辞めることを申し出た。

 

辞めて後悔はないです。自分の可能性に期待して就いた未経験職種でしたし。それが、やっぱり向いてなかっただけです。それで、自分は何も仕事ができない人間と判断するのは早計です。次行きゃいいんです。自分の適職が1種類なんて人の方が珍しいでしょ?向いていない仕事が複数あるのも当然、ありえますけどね。

 

あのまま、仕事を続けていつかは自分も上手く仕事がこなせる日が来る、なんて限りなく低そうな可能性に期待しなくて大正解だと過去の自分を褒めてあげたい。うつ病になってから会社辞めるくらいなら、もっと早い段階で辞めてよかったと思ってます。もちろん、生活とか家庭の事情で難しい人もいるでしょうが。

最後に。もし、思い出せたら

元上司について忘れた情報って名前ぐらいです。

顔、乗ってる車、年恰好、苦労話みたいな雑談で聞いたこと、そういうことは覚えています。なんで、名前だけが思い出せないのかが、僕の興味を引いているだけ。こいう似たような体験した人っていませんか?

 

ほんと、あの人、なんて名前なんだっけ?気になるな。

 

以上、 会社を辞めた僕は元上司の名前が思い出せない。 でした。