暁の水平線-あか空

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

100記事書くのが目的になってしまったブログの一例を報告するよ

f:id:Hachan:20170228122750j:plain

100記事 達成しました。

 

とうとう、このブログにも100記事があるんですね。

 率直な感想。達成感はあるぞ

成感がたまらないです。長続きしない性格の自分が、誰かに強制されてするわけでもなく、成し遂げれました。習慣として毎日できたことは、自分にとっては成長の成果とも捉えることができて嬉しいものです。90記事を越えたあたりから、100記事までのカウントダウンを毎日して楽しかった。

 

でも、このブログってなんで始めたんだっけ?

 

なくとも、毎日ブログを更新するのが目的で始めてはいないし、100記事書くことがブログの目的でもなかった。このブログの当初の目的は、好きな文章を書いて、かつ、人に読まれる面白いブログを作ることだったはず。人に読まれる文章というものを、自分で書けるようになるためには、人に読んでもらえばいいはず。そんな考えから、僕はブログを書くことにしました。

あわよくば、収入源になったら、もっと嬉しいなという気持ちもありました。ブログが収入源になるということは、それだけ僕のブログが人に読まれる存在になったということです。固定の読者が自分にはいるなんて、嬉しいしカッコいいって思ってます。

 ブログからの収入はゼロですよ

続更新を初めて3か月になりますが、結局は自分で広告を貼らずに100記事になりました。なので、ブログ収入は完全にゼロです。たまにAmazon のリンクは貼ってますけど、そこからも収入は発生していません。記事を分かりやすくするためだけにリンクを貼っただけですから。

 ブログ運営の勉強ではじめて買った本

 

 

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 

この本を買いました。本文に書かれていたことで、ブログを始めたばかりの頃は、広告をバシバシ貼らないで、まずは固定の読者(ファン)を増やそう。固定の読者を増やしながら、収入を得ようとした記事は読者から嫌われるよ、なんていう話が書いてありました。それを信じた僕は、とにかく今は、ブログを充実させることに専念しよう。お金は後から付いてくるから。そんな感じで今まで毎日ブログを書いてきたんですね。

 

 なぜ、100記事書くことが目的に変わってしまったのか?反省結果

まず、こうなった自分の発想を順番に紹介します。

 

最初の目標:短期間で読まれるブログに育てたい

読まれるブログは、読者にとって有益な情報、アクセス数が多い記事こと。

さらっと目標が変わる。短期間で実現するには、毎日、最低でも1記事ずつは更新する。そうすれば、100日で100記事を達成できる。

行動を始める

はてなブログの連続日数が増えるとうれしい、努力の証が目に見えて気持ちいい

よし、毎日とにかく書こう。

 

記事数が増えるのが嬉しいけど、一日のPVが増えないことに焦る

反省する時間を取りたいけど、書くのが遅いから、その日の分の記事を書くので精一杯

反省も、新しくライティングやブログ運営についてなどの勉強もできず、そのまま記事を書いてブログ更新

とうとう100記事に到達

 

思い出せる範囲で順番に気持ちの変化を書いてみました。こう書くと、かなり最初の時点で目標が変わってました。僕の場合、本を買ってプロブロガーの考え方を知り、アクセス数を気にしだした時から、面白いブログの定義は変わってしまったんでしょう。ブログで生計を立てている人が書いた本なんだから、参考して考え方やブログ運営も変えてしまおうって思ってしまいました。別にブログに勝ち負けなんて求めてなかったはずだし、あるとも思えないのに。僕の中で、ブログとの関わり方の一例を知ってしまった結果が、ほかの人の意見に倣うになったんでしょう。そのほうが失敗が少なそうだと思ったので。

本を参考にしてよかったこと

ブロガーの人との交流に参加するようになった

ブログを始めたばかりの時は、ブログ用のTwitterアカウントを作っていませんでした。あんまり知らない人とSNSやって何の意味があるんだ?って思う人間でした。リアル友達とだって連絡が来てから、数日後に返信するのが普通な自分が出来るわけないって。

そうは言っても、SNSで更新情報を告知することで、ブログの流入先を何種類も持つことの重要性については納得できました。なので、試しにブログ用にアカウントを作ってみて、徐々に人のツイートにリツイートしたり、ブログ更新情報を宣伝したりしてみることにしました。

やってみると、意外なことに、先輩ブロガーにあたる人やはてなブログの読者登録をしている相手がフォロワーになってくれたりと、交流相手が増えてきました。増えたといっても、2017年4月30日はフォロワーが40台です。まだまだ慎ましい数字ですね。それでも、Twitterの可能性を見ることもありました。

これ、なんですが、僕の発言のインプレッションが10000を超えました。そんなの初めてで、「いいね」を初めてたくさん貰えました!「いいね」をしてくれた人の中には、そのままフォロワーになってくれたりと、うれしいことが続きました。顔も本名も知らないけど、ツイートの返信があると楽しいってことが分かったのはブログのおかげなんですよ。

一日に小説で書ける文章量が圧倒的に増えた

これ、僕にとってはスッゴイ大事なことです。

一日に小説で書ける文章量が圧倒的に増えた

大事なことなんです。

去年の僕なんて、1日に1000文字程度小説を書いたら、「あ~今日は結構、進んだわ!才能あるかも?」なんてアホなこと思ってました。一日1000文字?才能ないぞ、それ。努力は更に足りない。自称作家なら名乗ってもいいけど、痛いだけですね。あ~痛い痛い。

 

じゃあ、今は?っていうと、調子次第ですが、一日3000~5000文字を書いて、更にブログも更新する余裕があります。

ブログを継続した結果、初めて短編小説(約1万5000文字)を完成させて、ネット小説として投稿することにも成功しました。製作期間はだいたい、10日間くらいでしょうか?まったく書かなかった日もあったし、応募条件の文字数を越えたせいで、文章を減らしたりする日もありました。そんな結果、100%の出来とは言えないものの、短編小説としての形にはなった作品が完成しました。

 

それと、毎日何かしらの文章を書くことが当たり前に変わってました。僕はここにプラスして、手書きの日記も日課に入っています。

目標がすり替わった弊害

  • 身の回りに起きたことは、何でも記事にならないか探し回る
  • 書く内容を決めたら、必ず1000文字以上になるように文章の肉付けをして文字数の増量をする
  • 作成途中でツマラナイと思っても、時間がないなら形だけでも仕上げてブログ更新する癖

挙げた内容は悪いことではない面もあります。雑記ブロガーなら、身の回りの体験を記事にするのは当たり前のことで、おかしなことはしていません。ただ、ネタがないから、一人で水族館に行くとか、花見をしてくるとか、純粋に楽しむための時間を過ごしたかといえば、違いますよね。楽しい時間だったけど、楽しみながらブログ用の写真を撮って、何が書けそうか頭の中でタイトルやテーマを考えてたりになってます。趣味と実益を兼ねた行動って言えば、まだ聞こえはいいです。でもそれって、終わってみると僕には楽しいって心から思えてなくて残念でした。日常生活の切り売り感が半端ないんですよ。

100記事作成達成した経験者としての意見

  • 趣味&副業でブログをするなら、無理に毎日ブログ更新をしなくてもいい。楽しむことを優先したほうが、長続きすると思う。文章力を鍛えたいなら、無理にでも文章を捻り出す修行と思って毎日更新もあり。
  • お金を稼ぎたくてブログを始めただけなら、質の高い記事優先にして、駄文を減らす。短期で結果が出るのは、ごく一部。少なくとも、自分のような文才がない人は結果までに時間は掛かるよ

こんな感じです。

 

僕は前者に該当する人間で、趣味の小説に良い影響があると思ったので今も続けています。

 

以上、 100記事書くのが目的になってしまったブログの一例を報告するよ でした。

 

これからも、ブログを書き続けるので、読んであげてください!

 

ではっ!