暁の水平線-あか空

//文字を揺らすエフェクト・プラグイン
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【ネタバレ注意】亜人ちゃんは語りたい(5)感想

 どうも、須田ジーノです。

 

亜人ちゃんは語りたい 5巻を購入しました!!

 

 今までの表紙と違い、青を基調としたデザインになりました。

それまでは白がメインで、真ん中に主要キャラが一人いるだけでしたから。亜人ちゃんでひかりたちの友達になる新キャラがいないからでしょうか?

 

ここからは、本編に関わる感想を書いていきます。

ネタバレが嫌って人は、読み終わってから改めて来てください。待ってます。

 

 

では、そろそろ書きますよ?

 プールの話

この5巻で、アニメ最終話のプール回を読むことができます。

akasora.hatenablog.jp

マンガにはマンガの良さがありますが、やっぱりアニメの水着姿の方が、カラーだし動く様子が見れて良かったです。いや、ほんとに水際で遊んでるみたいに楽しそうな声でしたから。プロの役者さんは、声だけの演技でも実際にプールではしゃいでいるみたいにキャッキャできるんですね。これが、プロかっ!

アニメとマンガの違ってたシーン

アニメのプール回は、双眼鏡でのぞきしてるシーンや高橋先生のゴリマッチョに心奪われてるシーンがありましたが、マンガにはありませんでした。アニメ仕様だったようです。

高橋先生も、アニメより、マンガのほうが体が少し細かった。あんな、屈強な軍隊上がりみたいな体ではなかったです。なんで、アニメはゴリマッチョにしたんでしょう?諏訪部さんの声だと戦闘力が増して体型にも影響が及ぼされるんですか?

須田は、声優さんを語りたいっ!

特に、小鳥遊ひかり役の本渡楓さんは、杉田智和さんのラジオ番組「アニゲラ」にもゲストで2回出演されていました。時期は、亜人ちゃんは語りたいが終わった少し後でした。杉田智和さんも注目している新人声優さんってことなんです。みんなの銀さんも、えーでちゃん を応援してるんですよ?ラジオトークが面白いのは、亜人ラジのリスナーなら知ってるはず。残念ながら、既に番組は終わってしまいましたが。

デュラハンに対する考察

デュランって亜人ちゃんの中でも、不利な体を持った体質じゃないかなって思います。

暑いの苦手とか、日差しがダメも日常生活に影響が出るレベルで、それも大変ですが、頭と胴体が離れてるのが一番大変ですよ。

デュラハンで苦労しそうなシーン予想

  • ネクタイ、ネックレス、首から提げる系のものが使えない
  • 食事が不便
  • 乗り物の運転
  • 骨折、病気の時、頭の移動がしんどそう
  • 水難事故が絶望的
  • 仕事の選択肢が制限される
  • 満員電車
  • 歯科病院、耳鼻科

考えてもしょうがない話ですが、アニメを見ててデュラハンは一番大変だと思ってみてました。

ざっと、思いつくことを書き出してみたんですが、他にもきっとあります。僕はこの中で、乗り物の運転と水難事故が特に厳しいなって思います。

自動車どころか自転車も乗れないじゃないですか。交通事故なんてしたら、頭だけ吹っ飛びそうだし。徒歩か、誰かに運転してもらう移動手段しかなさそう。

水難事故は、プールでも言っていましたが、風呂も怖いし、海水浴や不特定多数の人間に混じるレジャー施設のプールも危険そうです。死にに行くようなもの。普通の人が享受する楽しみを体験できないのは、ハンデです。車の運転できないなら、職業選択にも影響あるし。

デュラハンならではの強みって?

なにか、デュラハンにも良いところってないか考えてみました。町京子は優しくね良い子なので、なにかないかなって。

やはり、TPSみたいに三人称視点から見れること、ですかね。それ以上は思いつかないです。

 

 

以上で、【ネタバレ注意】亜人ちゃんは語りたい(5)感想 は終わります。

次巻は、秋か冬になるそうなので、ブログが続いているなら書きたいと思います。

たぶん、続けてブログを更新してるとは思います。

 

ではっ!