暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【2話】エロマンガ先生「リア充委員長と不敵な妖精」の感想ーズレ

f:id:Hachan:20170417192738j:plain

どうも、須田ジーノですよ。

 

前回の感想記事

akasora.hatenablog.jp

 

アニメ1話を見て、「これは、毎週見なくてはっ!」と思い今週も見ました。

前回より、更に面白くなってきたと思っています。

 

では、印象に残ったシーン毎に感想を。

 

 

原作者が同一人物

原作者の伏見つかさ先生は、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の作者でもあったんですね。なんか似てるとは思ってました。タイトルのフォントとか、兄弟関係や妹の部屋へ呼び出される流れとか。

 

「俺妹」は大学時代、友達に勧められて見るようになって、途中から友達よりも僕のほうがハマってました。アニメやマンガではよくあることですね。

俺妹のラジオも時々聴いていて、竹達さんと花澤さんがパーソナリティでした。どちらも好きな声優さんだし、ゲスト回で中村悠一さんの回が面白かったのを今でも覚えてます。

 

これがリア充

玄関で妹のクラスで委員長をしているという女の子を迎えるところから始まった2話。

 

この女の子の言動がどうも僕には苦手なキャラでした。いや、ニコニコ笑ってる女の子は好きです。こっちも自然に笑顔になれますから。ただ、計算高い系と頭が判断しちゃうと、どうしても常に警戒してしまいます。何か仕掛けてくるんじゃないかと、騙されないぞって疑ってしまいます。これは僕が非リア充の人生を歩んできたため、女の子に対して変な警戒心とかを順調に育んできたからですね、きっと。拗らせちゃってるんです。いろいろ。

f:id:Hachan:20170417194536p:plain

どうですか?

なんか作品書けそうですね。

 

hirokichi.jp

 

こちらのジェネレーターを使えば一瞬でさっきみたいのが作れます。

便利ですねぇ~。

ちなみに、iwakoさんの記事を読んで知りました。

アニメ風ロゴが一覧化されてますから、便利ですよ。

試してみてください。

www.iwako-light.com

 

リア充委員長に対して妹は……

対して、妹のほうは負けず劣らずの美少女なのに、重度の引きこもり。声も小さすぎて、スピーカー経由で声量をカバーしたり、スマホ経由で会話しなくてはいけない状態です。健康のためにスポーツでもして体を鍛えたほうが良いように思えます。

 

部屋からは出たくないし、委員長に会いたくない。でも、兄と委員長の会話は気になる。

 

このワガママな希望を叶えるべく、盗み聞きをして会話することになる紗霧。

引きこもりに必要なアイテムとも思えないものも取り揃えている妹ですね。

f:id:Hachan:20170417200118j:plain

ネット契約を切るという誰も救われない措置提案

f:id:Hachan:20170417200403j:plain

引きこもりがパソコンを一日使うのは分かります。

そんな僕は退職をして転職活動をしていて、求人探しや暇つぶしにネットを使います。職探しをネットでするのに、ネット切られたら生きていけない。スマホは自分で払ってますが、家のプロバイダー料は親持ちなので、この話は自分にとっても他人ごとには感じられなかった。

 

ネットのない世界は想像できない。

中学の途中までですよ、ネットなくても平気だったのは。

ハンゲーム、懐かしいな。

当時、僕の学校で流行ってたオンラインゲームです。

あとはフラッシュ倉庫とか。

同世代なら、遊んでるはず。

 

兄妹間での気持ちのズレ

委員長こと、めぐみと政宗の続きの会話。めぐみが政宗が妹のことをどう思っているかを尋ねている時の紗霧の表情を見てどう思いましたか?

 

政宗は妹を血は繋がってはいない妹とはいえ、大切に思っている。しかし、妹はどうだろうか?兄を兄として見ているのか?少し複雑な感情を抱いているようにも取れる反応をしていると思いました。今後の展開で明らかにはなるでしょうが、話がゆっくり進むみたいなので1話の時間は短すぎます。

 

以上、【2話】エロマンガ先生リア充委員長と不敵な妖精」の感想ーズレは終わりです。

 

 3話のアニメ感想

 

akasora.hatenablog.jp

 

ではっ!