暁の水平線-あか空

//文字を揺らすエフェクト・プラグイン
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

マンガ飯を作りたくて買った本【甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん】

 

甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん (アフタヌーンKC)

 

  時々、料理をする須田です。皆さん、テレビとかドラマに影響されて新しく始めることってないですか?僕はアニメ・漫画に影響されやすい質なので色々挑戦してきました。囲碁、バスケ、チェス、組紐作り、料理、小説執筆、艦これ、登山……パッと思い出すのはこれくらいです。他にもありそうですが、大抵2,3回で飽きてやめるパターンです。続かないです。

 自分が飽き性なのか興味の幅が広いだけなのかは置いといて、実益性の高い料理本を買いました。料理はこれから先の人生にも役に立つし、美味しくできると楽しいことを覚えた僕は今でも継続している数少ない趣味(?)です

 今回は、読んだ感想を中心に紹介していきます。

 

 買ったきっかけ

  今マンガ飯というものに興味があります。調べてみると、ジブリに出てくるご飯をうまく再現してtwitterに載せている人が何人もいました。美味しそうだし、作れたらブログの記事ネタもゲットで一石二鳥!と思ったのが購入に至るきっかけです。

 いざマンガ飯を作るとなると、レシピをどうするか悩みました。再現度を高めて、かつ、食べておいしいと分っている情報が欲しい。そして出来れば、簡単そうな料理から挑戦したいという我がままオーダーに答えてくれそうなのが甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん」でした。原作の「甘々と稲妻」もアニメを見る前から知っていて好きだったのも理由です。

 

須田ジーノの料理スキルの程度は、こんなもの

  過去にも料理ネタを2回書いています。1回目はバレンタイン直前に。2回目は、ハンバーグが食べたくなって作った話です。

 記事を読んで貰った方が、僕の料理の腕前が中の下くらいだと理解してもらえるはずです。少なくとも、僕の自己評価は中の下から中の中くらいです。自分か家族が食べても残さずに食べれるくらいのものは作れます。

 余談ですが、ハンバーグの記事で利用したレシピは別の料理本を少しアレンジした結果ですので、今回紹介する本のハンバーグのレシピはまだ試していません。

akasora.hatenablog.jp

 

akasora.hatenablog.jp

 

この本の特徴

 過去に漫画で登場した料理1巻から7巻までを抜粋、加筆されて構成されています。ですから、漫画から料理コーナーを探して料理するなら、この本を買って読むことをおススメします。こっちの方が、漫画よりも更に作る過程の説明が詳細に書かれていて当然分かりやすいです。

 

読んでみて良いと思うところー視覚的な資料が多い

 まず、完成写真と調理過程を写真もしくは分かりやすいイラストが各料理に載っています。漫画を読んで料理しただけだと、マンガ飯として完成度として高いのか低いのか自己判定になります。その点、この本さえあれば作ったご飯と比較できるのが良いと思います。そう、この本さえあればね。

 そもそも、この料理本は、料理作って登場キャラクターの楽しい日々の物語を描いています。料理をしたことがなかった高校教師の「犬養公平」とその娘「つむぎ」、教え子の「飯田小鳥」が少しずつ料理を覚えていきます。ですから、料理初心者たちが、躓くであろう点もイラストや説明文を駆使して描かれています。

この一冊で、バランスの良い食卓にできる

 紹介されているレシピは、ご飯の炊き方から始まり、次に豚汁。その次は、ハンバーグとなり、全部で34品のレシピがあります。徐々におかずや汁物、おやつと料理が紹介されていくのもポイントです。

 正直な話、この本の料理が全部を、本を見ないで作れるようになったら立派な主婦になれそうです。今時、この本のようにカレーライスを作るのに市販のカレールウを使わないで作る方法を熟知している人は少ないです。基本に忠実だと、この本のレシピのような作り方になります。市販のカレールウやハンバーグの素みたいのを使わなくても、調味料さえ揃ってれば何でも作れちゃうなんて人はカッコいいです。

 

最後に

 まだ実際に料理を本を見て作っていないので読書感想の域を出ませんが、料理をこれから頑張りたいなら買っては損はないです。時短料理とか効率よく作り置きして家事の負担を減らす系の本にはない、初心者を見捨てない料理本だと思います。

 料理本は書店に行けば、腐るほどあります。カリスマ主婦なる人が出してる本とか、ダイエット向けの本とかジャンルも細分化されて置いてあります。もっと1冊で大量のレシピが載ってて、この本と同額に近いか、安い本もあるでしょう。僕が購入した書店では、料理本コーナーではなく、原作の隣に並んでいました。書店では漫画としての扱いだったので、原作を知らない人は出会えない料理本とも言えます。

 もし、料理に興味があるが料理本のおススメが知りたいなら、僕はこの本を勧めますよ。