暁の水平線-あか空

//文字を揺らすエフェクト・プラグイン
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

プレミアムフライデーは誰のもの?

f:id:Hachan:20170224113109j:plain

 

 さぁ今日から始まりましたプレミアムフライデー。一体どれくらいの人が恩恵を得るのでしょうか?

 

 2017年2月24日金曜日の本日からプレミアムフライデーを導入した企業で実施されます。

 

 「プレミアムフライデー」とは、月末金曜日は15時に従業員は退社することを勧め、新しい消費活動をする流れを作ろうという国が絡んだ取り組みです。

 

 結論から、プレミアムフライデーで喜ぶ人間は日本では極少数派

理由1 日本の企業は中小企業が9割を占めること。

 世の中、月末は忙しいのが普通です。その忙しい時期にあえて15時退社を会社から言われても仕事が残る人のほうが多いはずです。月末金曜日は15時に退社して、次の土日に休日出勤してたのでは何のためのプレミアムフライデーなんでしょうか。

理由2 職種や企業の就業規則の整備を臨機応変に対応できる企業に限られてくる。

 例えばですが、工場勤務でシフト体制で働いている人には難しいです。または、店舗勤務の人も難しいですね、15時退社したくても店が営業中ならそれも無理です。

 次に就業規則で考えると、今まで通りの就業時間で15時退社になるれば就業規則違反になる可能性も高いです。午後は半休を取ればそれも可能かもしれませんが、月末に半休取れば同僚はいい顔はしないです。フレックスタイム制なら、問題なく使えそうですが。

理由3 午後3時から退社して酒を飲む人は少ないだろうし、飲む場所も限られてくる。

 仮にです。あなたが15時に退社してあなたの周りに酒も飲める飲食店ってどれくらいありますか?仕事が早く終わったから酒飲みたくても店が営業していないかもしれないし、毎月自由に使えるお小遣いが増えていないなら、結局寄り道しないで自宅に帰って終わるでしょう。それでも、早く帰れて体を休ませれるのであれば、悪くない変化です。働きすぎの人で日本は溢れかえっていると思います。

 プレミアムフライデーについて調べていて、オフィス街の飲食店はプレミアムフライデーのせいで売り上げが減ると予想しているなんて記事も見つけました。読んでみて納得しましたが、月末は給料日ということでビジネスマンの懐事情も暖かくなります。結果、仕事帰りに会社周辺の飲食店にビジネスマンが流れ込み売り上げに貢献するという流れです。だから月末の金曜に15時退社されても、今までのように酒を飲むために来る客は減ります。15時に会社を出てすぐに酒を飲まないなら、もっと家から近い店に移動するかもしれないし、家庭のある人は家に帰って家族サービスをするだけです。

 どうせなら、月初めの月曜か第一金曜日にすれば良いのでは?

 個人的には、月末ではなくて月初めに設定したほうがまだマシです。月末も今まで通り、オフィス街の飲食店は売り上げを出せて、かつ、月初めも売り上げを増やす日が増えます。

総括して

 始まったばかりの試みですから、ケチばかりつけていても仕方ないです。ただ、月一の取り組みですから、何か月か実施しないと企業も自社でも行うかどうか決めかねてい状態です。取引先との関係にも影響するデリケートな案件になり得ますから。

 休みが増えることが良いことです。休みが多くなるって良いことです。でも、それが理由で収入が減るのであれば悩みます。特に子育てをされている世帯にとっては需要です。といっても、1カ月の中で月末だけの話ですから収入の影響は少ないのでは考えた自分は浅はかなのでしょうか?結婚したことないので気楽に考えてます。

 以上で、プレミアムフライデーについて調べた感想と少しだけ自分の意見も書いてみました。プレミアムフライデーについての意見やコメントを募集します。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。