暁の水平線-あか空

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【大富豪】ローカルルールで盛り上がれ!

ゲーム

f:id:Hachan:20170203100955j:plain

 

こんにちは、須田ジーノです。

 

今回は、トランプの大富豪について書こうと思います。

トランプで遊ぶとしたら、ババ抜き、7ならべ、神経衰弱、スピード、ダウト……

そして大富豪とかいっぱいあります。

 

その中でも大富豪が1番盛り上がるんじゃないですか?出身地によってローカルルールも異なったりして、知らないルールを知ることもできて会話も弾みます。

 

自分の知らなかったルールを探していた人、ルールを確認するために調べてこの記事を見つけた人も、ぜひ大富豪で楽しんでください。

定番ルール

カードの強さ

 最弱は3で最強はジョーカー。

なお、ローカルルールによっては、スぺ3というものが存在し、このルールがある時はスペードの3が勝つときもあります。詳細は、後で書きます。

 

3→4→5678910J(11)Q(12)K(13)12ジョーカー

上に書いた数字は、左より右の数字が強いことを表してます。

革命

同じ数字のカード4枚を一度に出した場合、数字の強さの序列が逆転します。

例えば、そのゲームで初めて革命が起きた場合、最強は3で最弱はジョーカーになります。なお、ジョーカーを使って同じ数字のカードが2枚か3枚しかない時にジョーカーで補うことも可能。僕のやってたルールでは、同じ数字が4枚あってもジョーカーを一緒に出すこともありでした。革命で使ったカードに訳があるとき、それも有効です。

革命中の強さ

ジョーカー→2113(K)12(Q)→11(J)→10→9→8→7→6→5→4→3

革命返し

革命中に再び革命をすると、数字の強さの序列は元に戻ります。

反則上がり

ジョーカーや2、8など、そのカードで場が流せてしまうカードを手札の最後にしてゲームを上がると反則負けになります。その場合順位は、自動的に最下位(大貧民)になります。

都落ち

2回戦以上する時に発生するルールです。前回の戦績で1番最初に上がった人は大富豪、2番目に上がった人は富豪、最後から2番目に上がった人は貧民、最後に上がった人は大貧民という役柄が付きます。

 

大富豪になった人が1番に上がれなかった場合、その時点で負けが確定します。次回は大貧民からゲームをスタートします。

ゲーム開始前のカード交換

大貧民→大富豪:大貧民が手札から、1番いいカードを2枚大富豪へ渡し、大富豪は要らないカード2枚を大貧民へ渡します。

 

貧民→富豪:大貧民と大富豪のしたことと同じでカードの交換をします。ただし、渡すカードは1枚ずつの交換です。

 

それ以外の順位の人は、カード交換はしません。

8切り

 8のカードを出した時、場を流すことができます。8を出した人が新しくカード出して、ゲームを再開します。

ローカルルール

しばり

自分の前に出したカードと同じマークのカードを出したときのルールです。場が流されるまで、前の人と同じマークのカード以外出せなくなります。一周して自分まで戻った場合、自分がまだ出せるならカードを出してもいいし、場を流して新しくカードを出してもいいです。

げきしば(げきし)

しばりのルールに追加して数字も連番で出さないといけないルールが発生します。例えば、ハートの6が場にあったときにハートの7を出されたら、次の人はハートの8かジョーカーしか出せなくなります。

スぺ3返し

ジョーカー単体で出された時、スペードの3を出すとジョーカーに勝つことができます。革命中は、3は最弱なのでこのルールは使えなくなります。

階段

連番を3枚以上を一度に出すときのことをいいます。その際、役が付いているカードが含まれる場合は、その役の効果も有効です。

 

例:8-9-10で出した場合、8切りで場が流れます。これで上がりなら、反則上がりになります。

階段革命

連番カードを4枚以上同時に出した場合、革命と同じで数字の強さが逆転します。また、階段と同様、役の効果も有効です。

 

連番が続くなら4-5-6-7-8-9でも出せます。13-1-2-3でも出せますよ。

5とび

 枚数は1以上で使えます。自分の次の番を1人抜かしてゲームを再開します。UNOのSKIPと同じだと考えてください。4枚なら革命付きになります。他はどうかは知りませんが、対戦相手が自分以外に1人しかいないなら、8切りと同じで連続で自分の番にしてもいいです。さらに、5とびで順番が自分の番を一周するなら、その場は流れてもう一度5を出した人から再開します。

 7渡し

出した枚数分まで、次の番の人にカードを渡せます。渡すかどうかは7を出した人が決めてもいいです。2枚出しても、1枚も渡さなくてもいいし、1枚だけでもいいです。7渡しで上がっても反則にはなりません。

99しゃ

多分、救急車から名前がきてます。9を2枚以上一度に出すと、8切りと同じ効果になります。これも反則上がりの対象です。

10捨て

10を出した枚数までいらないカードを捨て札にできます。捨てなくても問題はないです。また、10捨てで上がっても反則上がりにはなりません。

11バック(イレブンバック)

革命のように数字の強さが逆転します。数字の強さを逆転するかどうかは、11を出した人が選択できます。

 

最後に

以上が僕の知っている大富豪のルールです。分かりづらいところはありましたか?もしあれば、コメントしてください。随時、修正していきます。シンプルなルールのみで遊ぶのも面白いのは分かりますが、ルールを増やすことでトレーディングカードゲームみたいな戦略性が出てきます。カードを出すのがうまい人がどんどん勝てるようになるし、ルールが多いからこそ、大貧民からの逆転劇が生まれやすくなります。アナログなゲームも楽しみ方次第で最新式のゲームにも劣らないものになりますから。